美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

2020.12.25

おうち時間を気持ちよく! お掃除&収納テクニック1<お掃除編>

毎日のおうち時間をもっと心地よく過ごすために、よく使う場所はいつもキレイにしたいもの。今回は、汚れが目立ちやすいキッチンや洗面所のお掃除テクニックをご紹介します。

main02

教えてくれるのは、ハウスクリーニングや整理収納などの家事代行サービスを提供しているカジタクのキャスト、小林美菜さんです。

ルーティンとして少しずつお掃除することでキレイをずっとキープ

毎日使うキッチンや洗面所は家の中でもっとも汚れが目立つ場所。お掃除を怠ると、油汚れや水垢が付着し、いざキレイにしようとしてもなかなか汚れが落ちません。
「食事の片付けや歯磨きの後、ササっと水拭きと乾拭きするだけで汚れの蓄積が格段に少なくなります。毎日のルーティンワークとして行って、キレイな状態をずっとキープしましょう」(小林美菜さん)


 あると便利なお掃除アイテム

img01_02

  • ツインブラシ 大小2種
  • マイクロファイバークロス 水拭き用と乾拭き用の2枚(乾拭きは食器やガラス拭き用として売られている薄手のクロスがおすすめです)
  • スポンジ
  • メラミンスポンジ
  • 重曹
  • クエン酸
  • 洗剤(洗剤の種類は使用場所や用途で使い分けます)

 
「ツインブラシがないときは要らない歯ブラシで代用できますが、毛質が硬めと柔らかめが対になったツインブラシのほうが細かい隙間の汚れをキャッチするので持っていると便利です。また、掃除道具はすぐ使える場所にまとめて保管することで導線がうまく確保でき、毎日のお掃除がよりスムーズになります」(小林さん)

キッチンまわりのお掃除テクニック

img02

シンクまわりは、水拭きしてから乾拭きをして水滴を残さないことがキレイをキープするポイントです。コンロは使ったらできるだけ早く水拭きをして、油汚れを落としましょう。


 シンクのお掃除のポイント

 「毎日の食器洗いの後に、シンクと排水口の汚れを洗い流します。排水口のぬめりや黒ずみは雑菌やカビの塊ですので、マメにお掃除しましょう。ぬめりが気になる場合は、排水口の中に重曹を振りかけた後、クエン酸水を流し込みます。発泡するので5分くらいおいてからブラシでこすり洗いします」(小林さん)


 毎日の習慣に!シンクのお掃除方法

img03

食器用洗剤とスポンジで、シンクと排水口のごみ受けを洗います。

img04

排水口は大きめのツインブラシで、水栓のフチの汚れは小さめのツインブラシでこすり洗いします。

img05

水栓はマイクロファイバークロスで水拭きした後に乾拭き。この2ステップでピカピカになります。

img06

最後に、シンクを水拭きした後に乾拭きをしてお掃除終了。この最後の一手間がキレイをキープするコツです。


 コンロのお掃除ポイント

img07

料理後は早めに水拭きをすることで、油汚れの付着を防げます。油汚れが気になるときは、泡タイプの食器用洗剤を吹き付け、汚れが浮き上がってきたらスポンジでこすり洗いをし、クロスなどで拭き取りましょう。


 キッチンの片付けのポイント

img08

「コンロ下の引き出しに鍋やフタを収納する場合は、仕切り用のボックスを使って縦に収納すると使いやすいです。普段よく使うものは一軍として取りやすい場所に置き、あまり使わないものは二軍として分けて収納すると便利です」(小林さん)

洗面所まわりのお掃除テクニック

キッチン同様、毎日使う洗面台は水垢やぬめりが気になる場所。水拭き後は乾拭きをして水滴を残さないようにするといつもピカピカの状態に。


 毎日の習慣に!洗面台のお掃除方法

img10_02

洗面ボウルは、浴室用洗剤をつけたスポンジで洗います。ぬめりや茶色い汚れが気になる部分は水をたっぷり含ませたメラミンスポンジでこすり洗いしましょう。

img12

水栓と鏡はマイクロファイバークロスで水拭きをした後、乾拭きをします。
 
「鏡の曇りが気になったときは、クエン酸水をスプレーし、ラップやキッチンペーパーで湿布をしてから30分ほどおきます。汚れがゆるんできたら布で拭き取ると効果的です」(小林さん)

 
汚れは蓄積すると落ちにくくなります。毎日の食器洗いや歯磨きの流れの中でお掃除も一緒に行って、キレイで心地よい状態をずっとキープしましょう!
次回は、ゴチャゴチャになりがちなメイクアップアイテムの上手な収納方法をご紹介します。

メラミンスポンジ、重曹、クエン酸の活用方法

100円ショップなどで手に入るメラミンスポンジ、重曹、クエン酸。それぞれの特性を知っておくと、毎日のお掃除がより簡単になります。

メラミンスポンジ

水分をよく含ませてから、茶渋やざらつき感のある汚れ落としに使用。湯飲みやカップなどの内側や、麦茶などを作り置きしていたボトルなどをきれいにします。陶器の洗面ボウル内のくすみ落としにも効果的。ただし、樹脂で物理的にこすり落とすため、素材を傷つける可能性もあるので注意が必要です。ステンレスに使用するとかえって傷がつく恐れがあります。ピカピカ鏡面仕上げの水栓や、フローリング床などはコーティングが剥がれる恐れがあるため使用厳禁。

重曹

重曹は炭酸水素ナトリウムのことで、食品添加物としても使われています。弱アルカリ性で水には溶けにくいので、お湯で溶かして重曹水として使うと便利です。40度くらいのお湯に対して1%の濃度になるように重曹を溶かします。スプレーボトルに入れて窓拭きにも使えます。重曹水にマイクロファイバークロスを浸して絞れば、家中の拭き掃除に活用できます。ただし、アルミや銅製品、漆器には使えません。

クエン酸

酸性のクエン酸は、アルカリ性を中和する作用があるため、白っぽい水垢やせっけんカスの汚れをゆるめる効果があります。クエン酸を水に対して2~2.5%の濃度になるように溶かして、クエン酸水を作ります。水垢が気になる浴室の椅子や鏡などにスプレーし、キッチンペーパーやラップで湿布をして30分ほど置き、汚れがゆるんできたところで、こすり洗いをします。クエン酸は自然由来の洗剤ですが、クエン酸を長く放置(1日以上)すると、素材を傷めることがありますので使用後はしっかり拭きとること。金属に使用する場合は、酸が残るとサビることがあるのでしっかり洗い流しを。クエン酸は、塩素系の洗剤と一緒に使うことは厳禁です。有毒ガスが発生し危険です。

prof

監修 小林美菜さん
整理収納アドバイザー/アクティア株式会社 家事代行サービス「カジタク」キャスト

埼玉県在住。旅行会社勤務を経て、株式会社カジタク(現 アクティア株式会社)家事代行サービス「片付け名人」キャストとして登録。
もともとは片付けが苦手で長年の汚部屋生活であったが、結婚・出産を機に部屋を整えたことで心身ともにスッキリし、整理収納アドバイザーへの転職を決意。2018年には、大工でもあるご主人とともに「片付けハウス」を建築する。現在は、延べ300件の整理収納サービスの経験を活かし、子どもに片付けを教える「片づけの家庭教師」、整理収納セミナー、フェスティバル企画運営など、多岐にわたり活動を広げている。
整理収納アドバイザー1級資格保有。

「カジタク」の家事支援サービスについて


「カジタク」は、イオングループのアクティア株式会社が提供する家事代行サービス。お客さまのご自宅に訪問し、家事を代わりに行うサービス。
ご要望に合わせた料理代行や、リビング、寝室、水周り全般(キッチン、洗面所、お風呂、トイレ)の掃除代行、有資格者である「片付けのプロ」が、お客さまのご要望をヒアリングし、要、不要の仕分けを行いつつ、最適な収納方法や収納用品をご提案、作業を行う整理収納サービス、プロの技術でエアコン・レンジフード・キッチン・浴室の清掃を行うハウスクリーニングサービスなど、様々な家事支援サービスを提供している。

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

Page Top