美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

2019.04.12

女子キャンプに挑戦!1<初心者編> 身軽にデイキャンプ

SNSでもおしゃれなキャンプ写真がたくさん投稿されるなど、最近は友だち同士で楽しむ「女子キャンプ」がブームです。女子キャンプの第一人者、キャンプコーディネーターでイラストレーターのこいしゆうかさんに、キャンプの始め方から快適に過ごすポイント、フェスキャンプの楽しみ方まで教えてもらいます。

1回目は、誰でも気軽にチャレンジできるデイキャンプからスタート。キャンパーとしての心得や道具選びのポイント、キャンプ女子ならではのおしゃれへのこだわりなどを伝授します。

まずはトートバッグひとつでデイキャンプへGO!

宿泊はハードルが高くても、日帰りで楽しむデイキャンプなら、トートバッグひとつに収まる荷物でOK。誰でも気軽にチャレンジできます。

「まずは、ピクニックに行くつもりでキャンプに必要な最低限の道具を揃えましょう。近場のキャンプ場で火を起こしてお湯を沸かし、温かいコーヒーやスープを飲むことが女子キャンプの第一歩です」(こいしゆうかさん)



機能性&見た目にこだわったデイキャンプアイテム

デイキャンプ用にこいしさんが揃えた道具は、全て100〜1000円くらいのリーズナブルなものばかり(総額8000円くらい)。最初から高価な専用品を揃えるのではなく、デイリーに使えるおしゃれで可愛い便利グッズを選ぶのが、女子キャンプ初心者の鉄則です。
 

今回揃えた道具

ピクニック用銀マット、テーブルクロス、ディッシュクロス、保冷バッグ、折りたたみコンテナ、ランタン型ランプ、トレー、ミニケトル、ホーローカップ、箸やカトラリー、紙皿、カッティングボード、ウォーターバッグ、クッションカバー、折りたたみチェアー、キッチンペーパー、ジッパー付きの食品保存袋、保冷剤、インスタントコーヒー、ゴミ入れ用バッグ、固形燃料&ミニコンロ、ライター *食材は、必要に応じて持参しましょう。

キャンプ場についたら道具を広げてDay Camp!

キャンプ場に到着したら、トートバッグに詰めた道具を広げていきます。キャンプのベースとなるシートは、ピクニック用銀マットの上にテーブルクロス用のチェック柄シートを組み合わせると見た目がおしゃれに。赤のディッシュクロスや木目トレーもSNS映え間違いなし!カップやお皿はトレーの上に置くと転倒防止になります。

POINT1 小物はおしゃれに

おしゃれな小物を選んでワクワク感を高めれば、キャンプの楽しさがグンとアップ。最近では100円ショップでも素敵なアイテムを見つけることができます。

キッチンペーパーは、ロールタイプよりボックスタイプの方がサっと取り出せておすすめ。家から食材などを持参する場合は、ジッパー付きの食品保存袋に入れて保冷剤とともに保冷バッグに入れておきましょう。使用済みの袋は細かいゴミ入れにも便利です。


 

POINT2 ウォーターバッグとゴミ袋は必需品

コーヒーやスープを飲むのに必要な水は、キャンプ場の水場を利用すると荷物を軽くできます。コンパクトにたためるウォーターバッグは防災グッズとして家に常備しておくと緊急時にも役立ちますよ。

マナーとしてゴミ袋は必ず用意しましょう。ビニール袋でもOKですが、ショッピングバッグをゴミ袋にすれば、おしゃれ度がアップします。


 

POINT3 便利に使えるクッションカバー

日中暖かくなってきたら、上着を脱いでクッションカバーに挿入すればふわふわクッションに。荷物入れとしても活用できるので、一枚持っていくと便利です。
 

メインイベントは「お湯を沸かしてホットドリンクを飲む」

お湯を沸かし、温かい飲み物をその場で作ることが今回の目的です。ミニコンロにセットした固形燃料に火をつけ、水を入れたミニケトルやホーローカップをのせれば、メインイベントはもうすぐそこ! 折りたたみコンテナを組み立てて上にトレーを置き、ミニテーブルを作ったら、いざ! コーヒータイムへ。

「ピクニックとデイキャンプの違いは、火を起こすか起こさないか。火が使える場所かを事前に確認し、どこへどうやって行くのか計画を立てるのもキャンパーの心得です」(こいしさん)

 

 ホットコーヒーを飲みながら自然の美しさを心ゆくまで堪能して

青空の下でコーヒーを飲みながらのんびり過ごす穏やかな休日…明日への活力になりそうですね。トートバッグひとつで身軽に行ける「デイキャンプ」、今年こそ“キャンプ女子”デビューしたい!と思っている方はぜひチャレンジしてみてください。

次回は、キャンプ場でのテント泊に挑戦します。 
 

こいしゆうか

監修 こいしゆうかさん
キャンプコーディネーター/イラストレーター

「女子だけでもキャンプはできるはず!」という発想から、これまで男性の趣味として扱われてきたキャンプを女性視点で発信。「女子キャンプ*」と名付けたブログを開設し、「女性だけのキャンプコミュニティ」を立ち上げる。その後、「女子キャンプオフ会」等を通して着実に女子キャンパーを増やし、現在では各雑誌やメディアなどで女性視点のキャンプスタイルを提案。女性ソロキャンパーの第一人者としてキャンプのコーディネートやイベントのプロデュース、テントの企画などを行う。著書に『カメラはじめます!』『そうだ、キャンプいこう!』など。
ブログ:https://koipanda.jimdo.com


そうだ、キャンプいこう!

書籍

『そうだ、キャンプいこう!』
はじめてでも、女子でも、ひとりでも。日本一わかりやすい! マンガで学べるキャンプの教科書。超初心者にもキャンプの楽しみ方がわかるコミックエッセイ。

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

Page Top