2018.05.18

アナウンサーが教える「話し方レッスン」3 話の構成&緊張ほぐし編

初対面の人たちへの自己紹介や結婚式でのスピーチなどは、どんな内容を話せばいいのでしょう? アナウンサーが教える「話し方レッスン」の3回目は、話の構成の仕方を現役アナウンサーで話し方研修の講師を務める樋田かおりさんに教えてもらいます。「自己紹介やスピーチは緊張する!」という方のために、緊張のほぐし方も紹介しますので参考にしてください。

シチュエーションに合った話の構成を!

● 自己紹介の基本

まず、自己紹介は名前、所属や出身地から。その後は現在・過去・未来のことを話すと内容のまとまりがよくなります。例えば、「今は○○○をしています。○年前までは○○○をして・・・こんなエピソードがありました。将来は○○○がしたいと思っています」という風に。これは就職の面接にも応用できる話の構成です。
 

また、相手に強く印象づける上級テクニックとしては、ポイントを先に話すのも良い方法。例えば、「私の夢は○○です!」、「私は慌て者なんです」、「私は大器晩成型です、なぜなら・・・」というように話し始めると相手の気を引き付けることができます。そして、最後に必ず「どうぞよろしくお願いします」などシメの言葉を言いましょう。
 

カジュアルな場での自己紹介に盛り込む話題

自己紹介の基本は上記と同じですが、サークルなどカジュアルな場では少しくだけた内容を盛り込みたいもの。好きな食べ物や週末の過ごし方、旅行など最近あったことを話すといいでしょう。失敗談を明るく話すのも場がなごみます。リッチな海外旅行のことなど、自慢に聞こえるかもしれない話題は避けた方が無難です。
 

結婚式のスピーチに盛り込む内容は?

結婚式でスピーチをする時は、簡単な自己紹介の後に新郎新婦との関係を話します。そして、当人の良いところが出席者に伝わるようなエピソードを話しましょう。新郎新婦が結婚にいたるまでのエピソードなど、本人が言いにくいことを代わりに話すのもポイントです。失敗談など場を笑わせるようなエピソードは、結婚する2人の了承を得てから話してくださいね。

面接やスピーチ時の緊張をほぐす方法

● スピーチの前に

スピーチの前に、肩にギュッと力を入れ、ストンと抜きます。こうすると肩の力が抜けてリラックスできます。そして、深呼吸をしましょう。平常心を保つために、肩回しや屈伸など日常と同じ動きをしてみるのも良い方法です。また、スピーチの内容を紙に書いてポケットなどに入れておくのも効果的。実際に見ることがないとしても、「話す内容を忘れても大丈夫」という安心感につながります。
 

 スピーチ中には

ジェスチャーを大いに利用してください。話題をいくつか用意している場合、1・2・3と話しながら指を立てると話す内容を忘れずにすみます。また、話題と話題の間にひと呼吸おき、笑顔をつくってみるのもリラックスするために役立つ方法。長めのスピーチでは客席に話を聞いてうなずいてくれる人がいたら味方につけて、時々視線を合わせて笑顔をつくると緊張を和らげることができます。
 

ジェスチャーは緊張をほぐすだけでなく、相手に好印象を与えることができます。ポイントは、手のひらを相手に見せること。これは敵意がないことを表し親近感を与えます。この時に指は閉じるようにしてください。手の動きがキレイに見え、相手を受け止める気持ちを表現できます。
 

自己紹介やスピーチは自分のためではなく、聞き手のために行うもの。あくまでも相手の気持ちを考慮した内容を話すようにしてくださいね。

樋田かおり

監修 樋田かおりさん
アナウンサー・(株)トークナビ代表取締役

2008年、日本テレビ系列局・青森放送にアナウンサーとして入社。お天気キャスターや7時間生放送のラジオパーソナリティーを務めた後、2011年に中京テレビ放送のアナウンサーに。朝の情報番組でキャスターを務めるなど活躍し28歳でフリーランスに転身。2015年に(株)トークナビを設立して話し方研修の事業をスタート。身体全体を使ったユニークなトレーニング法が話題を集めている。
(株)トークナビ:http://talknavi.co.jp


書籍

「人見知りアナウンサーに学ぶ ドキドキに負けない話し方」(文響社)好評発売中。

メイクに使用した商品

【ファンデーション】ケイト パウダリースキンメイカー(03)
【アイシャドウ】ケイト スモーキーラウンドアイズ(OR-1)
【チーク】コフレドール スマイルアップチークスN(01)
【リップ】コフレドール ピュアリーステイルージュ(BE-238)
【ネイル】ケイト ベースコート/ネイルエナメルカラー(PL-1)/トップコート01

Page Top