2017.01.31

目標を達成するためのモチベーションキープ術<恋愛編>

今までの恋愛がうまくいかなかった方へ、自分を目標へ1歩ずつ近づけるための方法をご紹介。

今回から4回シリーズで目標達成や悩みを克服するためのモチベーションキープ術をご紹介します。1回目は多くの女性が気になる恋愛編。なぜかいつもいい恋愛ができないという方は、うまくいかない行動・心理パターンに陥っているのかもしれません。そこから抜け出すための上手な目標の立て方を、“OKラインメンタルトレーニング”考案者の森川陽太郎さんに紹介してもらいます。

小さな目標達成の積み重ねで自分に自信を!

「一般的に多くの人が自信喪失に陥る原因は、大きな目標を一度に達成しようとして、そのハードルが高すぎるために達成できなくなることにあります。私が考案した“OKラインメンタルトレーニング”は、自分ができる範囲で小さな目標をクリアすることを積み重ねながら、徐々に大きな目標に近づけていく方法。まずは最終目標に近づくための小さな目標を作り、それができたら自分にOKをあげてください。

小さな目標は、自分にとって少しだけ難しいレベルに設定するのがポイントです。そして少しずつ目標のレベルを上げていけば、ありのままの自分で無理なく目標達成へ近づいていくことができるのです。今回は恋愛で失敗しがちなパターンを4つの原因タイプ別に分け、毎日できる小さな目標設定をご紹介します。できたら自分にOKをあげて、それを積み重ねることで恋愛失敗パターンの癖を徐々に修正していきましょう」(森川陽太郎さん)。

自分にあげるOKを記録するカレンダーは以下からダウンロードできます。適宜カットして手帳などに貼って使ってくださいね。(印刷サイズはすべてA4版)

恋愛失敗パターン1・追っかけタイプ

彼がいる場合も片思いの場合も、自分から追いかけてばかり。メールやLINEなどでメッセージを送って、相手から返事が来る前に次のメッセージを送らずにいられないのがこのタイプです。不安や自信のなさから、相手への配慮よりも自分の安心のために行動することが原因で恋愛がうまくいかないことが考えられます。
 

対策:待つ力をつけましょう。

彼へのメッセージを過度に送っている方は、返事を待つ力を養うことから始めます。次のの中から自分にできることを選んで、1日1つでもできたら自分にOKをあげましょう。

 1日1回メッセージを送らずにいられない場合は、まずは文を短くすることから始め、それができた自分にOKをあげます。
 不安になってメッセージを送ろうとしてしまったら、一度紙に書き出してみましょう。その後にメッセージを送ってしまっても、まずは1度、書き出せただけでOKです。冷静になる時間を持ちましょう。
 メッセージをすぐに送信せず、翌日に送ってみましょう。それができた自分にOKをあげます。1日待つことができたら、2日後、3日後に伸ばして待つ力をつけていきます。
 

恋愛失敗パターン2・好きになる相手がいないタイプ

男性に求める理想が高い方や、彼がいない生活を楽しめている方が陥るパターンです。 自分の幸せが何なのかが漠然としている方も多くみられます。仕事、趣味、恋人、お金など、まず自分の幸せが何なのかを整理して明確にしてください。世の中の価値観に自分を合わせてしまうと、本当に合う相手が見つかりません。このタイプは自立した女性に多いので、上手に人に頼ること、甘え上手になることを身につけましょう。

対策:甘え上手になる力をつけましょう。

甘え上手になると、人のことを好きになれる心の余裕が生まれます。「自分がしっかりしないと」と思わずに、誰かに頼ってみましょう。恋愛は親との関係が影響する場合が多いので、時には親に甘えてみるのもひとつの方法です。次のの中から、1日1つでもできたら、自分にOKをあげてください。

 この人になら相談したいなと思う人を1人探してみましょう。探し出せたら自分にOKをあげます。
 その人に相談したい内容を2つ書き出してみましょう。書き出せたら自分にOKをあげます。
 その人と2人で話す時間をつくってみましょう。話す時間を持てたら自分にOKをあげます。
 

恋愛失敗パターン3・過去の失恋を引きずるタイプ

浮気をされたり裏切られたことで傷ついた過去がトラウマになっているタイプです。 感情が冷凍保存されて時間の針を進められずにいる場合や、自分が傷つかないようにと恋愛に臆病になっている場合もあります。

対策:傷ついた過去を受け入れることから始めます。

傷つかないように行動するのをやめるために、まずは傷ついた過去を受け入れることから始めましょう。 そうすることで、傷ついた感情を1つ1つ癒していくことができます。傷ついた気持ちを見て見ぬふりをしていても何も変えることができません。次のの中から、1日1つでもできたら、自分にOKをあげてください。

 今までの恋愛で傷ついた事柄を1個、思い出してみましょう。思い出せたら自分にOKをあげます。
 その時の自分の感情をじっくり思い出してみましょう。思い出せたら自分にOKをあげます。
 今までの恋愛で傷ついた事柄を1個、友人に話してみましょう。話せたら自分にOKをあげます。
 

恋愛失敗パターン4・夢見がちなタイプ

男性に対する要求が多すぎたり、完璧を求めるあまり、リアルな恋愛をすることができない場合が多くみられます。また、いつもドキドキする気持ちを持っていたいという傾向もあります。ドキドキ感を“好き”のバロメーターにしていると、リアルな恋愛や結婚から遠ざかってしまうことも。現実の男性は嫌な部分もあって当たり前だと心得ましょう。

対策:リアルな男性と接点を持ちましょう。

彼や好きな男性がいない方は、リアルな男性と接点を持つことから始めてください。身近にいる男性と食事やお茶に行くとか、メールを送るなどそのためのアクションを起こしてみることが大切です。次のの中から、1日1つでもできたら、自分にOKをあげてください。

 身近にいる男性にメールを送ってみましょう。まずは会うための内容でなくてもOK。メッセージが送れたら、自分にOKをあげます。
 誘われた食事や合コンは断らずに行ってみましょう。行くことができたら自分にOKをあげます。
 自分から男性を食事やお茶に誘ってみましょう。実際には行かなくても、アクションを起こせたら自分にOKをあげます。

できなかった日があっても諦めず、翌日からコツコツと小さな目標をクリアしてくださいね!

イラスト/園田レナ

監修 森川陽太郎さん
株式会社リコレクト代表

サッカー選手としてスペインやイタリアで活躍した後、心理学やメンタルトレーニングを学ぶ。27歳の時に(株)リコレクトを設立し、独自の“OKラインメンタルトレーニング”を展開。プロのアスリートにメンタルトレーニングを施す他、企業などで講演会を行っている。著書に「絶対的な自信をつくる方法」(ダイヤモンド社)などがある。

株式会社リコレクト:https://www.recollect.co.jp

Page Top