美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

2020.10.16

見て楽しく食べておいしいパンアート2 ハロウィントーストの作り方

トーストにアートの世界を融合させた、見て楽しく食べてもおいしい「パンアート」。2回目は、ピザ用の材料で誰でも簡単に作れるハロウィントーストのレシピを、アーティスト・デザイナーの佐々木愛実さんに教えてもらいます。

main2

おばけとクモが描かれた可愛くておいしいハロウィントーストでパーティ気分を味わって!

ハロウィントーストの作り方

img01

● 材料(1人分)

  • 食パン…1枚
  • マーガリン…10g
  • トマトソース(またはトマトケチャップ)…60g
  • スライスチーズ… 3枚 ※白っぽい色がおすすめ 
  • サラミ…4枚(スライス)
  • フレッシュバジルの葉…4枚
  • ブラックオリーブ…2〜3粒 ※海苔でもOK 
  • チェダーチーズ…お好みで適量

  作り方

img02

1. 食パンにマーガリンを塗り、トマトソースを重ねて塗ります。出来るだけ厚さが均一になるように塗りましょう。
 

img03

2. サラミとバジルの葉をのせ、お好みでチェダーチーズをトッピングします。
食パンの耳の部分までたっぷり具材をのせると、トーストとしての満足感がアップします。
 

img04

3. ブラックオリーブで2匹のクモを作ります。
オリーブを縦半分に切り、種がある場合は取り除きます。半分に切った片方はそのまま胴体に、もう片方はスライスして脚を作り、2匹のクモに見立てます。余ったオリーブはおばけの目と口に使用します。
※海苔を使用する場合は、写真を参考にしながらカットしましょう。 
 

img05

4. スライスチーズをおばけの形にカットします。
キッチンバサミでカットするのがおすすめ。写真下のおばけのように、胴体と手を別々にカットして重ねると簡単です。
 

img06

5. 2の食パンに、オリーブのクモとチーズのおばけをバランスよくのせます。
 

img07

6. オリーブの余りでおばけの顔を作ります。口を縦長の楕円にすると、より愛らしいおばけのイメージになります。
※オリーブの代わりに海苔やゴマで顔を作ってもOK。 
 

thumbnail

トースターで、おばけのチーズが溶けるまで焼いたら完成。透けたチーズが、よりおばけらしさを演出してくれます。

おばけとクモを描いたハロウィントースト、上手に作れましたか? 具材たっぷりのピザトーストだからランチにもおすすめです。
次回は、眺めているだけでも気分が上がる! コスメをモチーフにしたおしゃれなパンアートの作り方をご紹介します。

WOONIN

監修 佐々木愛実さん
アーティスト/デザイナー

武蔵野美術大学卒業後、アーティスト、デザイナーとして活躍。平日はデザイン会社に勤務し、エディトリアルデザインやwebデザインを担当。一方、休日などを利用してコンセプチュアルアート作品や絵画を描き、年に数回展示会を開催。アーティスト集団『衣・化・花』のアートディレクションを担当するなど、チームとしても精力的に活動。コロナ渦における在宅勤務中に、朝食として作るパンアートが話題となり、国内外のさまざまなメディアに取り上げられる。食材の特徴とテーマの掛け合わせ、焼いた後の食材の変化を大切に、見て楽しく食べて美味しいフォトジェニックなパンアートをSNSで発信している。
 

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

Page Top