2018.02.09

時短でできる!簡単おもてなしレシピ2<白子フリッター サラダ仕立て>

ホームパーティなど、自宅にゲストを招いておもてなしする時は気の利いたお料理を振る舞いたいものですね。今回は短時間で作ることができて、ヘルシーで美味しいメニューを美養サラダ研究家の宮前真樹さんに紹介してもらいます。

「白子のフリッター サラダ仕立て」の作り方

材料(4人分)

  • 鱈白子…500g
  • ポン酢…適量
  • 卵…1個
  • 小麦粉…適量
  • パン粉…適量
  • 揚げ油…適量

 <フレッシュトマトソースの材料>

  • トマト…中1個
  • ブラックオリーブ(種なし)…2~3個
  • 生バジル …3~4枚
  • オリーブオイル…大さじ2
  • 塩・こしょう…適量

1. 白子は塩水を2~3回取り替えながら洗い、さらに水道水で洗って汚れをきれいに取り除きます。
 

2. 洗った白子はペーパータオルなどで水気をふき、ポン酢に浸して5~10分おきましょう。
 

3. 白子に小麦粉、溶き卵、パン粉を順につけ、揚げる準備をします。
 

4. 180℃の油で衣がキツネ色になるまでカラッと揚げてください。白子の袋が破けて油が飛ぶことがあるので、揚げる時は注意してくださいね。
 

5. フレッシュトマトソースを作ります。トマトは種を取って細かく刻み、黒オリーブもトマトと同じ大きさに刻みます。バジルの葉は手で細かくちぎればOKです。
 

6. 材料をボウルに入れてオリーブオイルと塩・こしょうを加え、全体を混ぜ合わせたらトマトソースの出来上がり。
 

7. 白子のフリッターを皿に盛り付け、フレッシュトマトソースをかけていただきます。和食に多く使われる白子も、アレンジ次第で洋風になります!


洋風に仕上げた白子のフリッターは、珍しいのでおもてなしにピッタリ。ゲストにもきっと喜ばれますよ! 
 

監修 宮前真樹さん
美養サラダ研究家・タレント

「CoCo」メンバーとして歌手デビューし、活動中に食に目覚める。引退後、フランスの名門料理学校「ル・コルドン・ブルー」で学び、食に関する資格を取得。2010年、青山にカフェレストラン「M.nature(エム・ナチュール)」をオープンする。現在は店を運営する傍ら、美味しく食べて太りにくいレシピ開発など多方面で活躍中。
宮前真樹オフィシャルブログ:
https://ameblo.jp/makibotchi0116/


書籍

サラダやベジヌードルのレシピが満載の著書「サラダのくすり箱」(ワニブックス)」好評発売中。

M.nature(エム・ナチュール)

東京都渋谷区渋谷2-2-3 ルカビル2-B1
TEL:03-5466-1537
M.nature 公式ホームページ:http://mnature.jp/

Page Top