2017.12.19

時短でできる!簡単おもてなしレシピ1<豚肉とリンゴの包み焼き>

Xmasやバレンタイン、バースデーなど、大切な人と一緒に自宅で過ごす日のディナーは見た目もゴージャスな食事でおもてなししたいですよね。今回はブルーチーズが大人の味わいを引き出す豚肉レシピを、美養サラダ研究家の宮前真樹さんに紹介してもらいます。

「豚肉とリンゴの包み焼き」の作り方

材料(2人分)

  • 豚肩ロース肉(かたまり)…250g
  • リンゴ…1/2個
  • ブルーチーズ…30g
  • 塩・こしょう…適量
  • お好みのハーブ…適量

1. 肉は厚さ約1.5cmに切って塩・こしょうをふります。リンゴは薄くスライス、ブルーチーズは一口大に切ってください。
オーブンは230℃に予熱しておきます。
 

2. アルミホイルの上に豚肉とリンゴ(3枚くらい)を交互に重ねて並べ、ブルーチーズを乗せます。その上にこしょうを少々ふっておきましょう。
 

3. アルミホイルは上下2辺の両端を約1.5cm折って、折り目が重なるように包みます。左右の2辺は2~3回折り曲げて止めてください。この包み方は焼き加減をチェックしたい時に便利です。
 

4. 230℃のオーブンで約10分焼きます。折り目から中をチェックして、焼き足りない場合はもう少し焼きましょう。
※お使いのオーブンにより温度と焼き時間を調整してくださいね。
 

5. 豚肉に火が通ったら、しばらくホイルに包んだまま置いて粗熱を取ってください。
 

ブルーチーズが溶けて全体に味がなじむので、凝ったソースを使わずに美味しい豚肉料理が完成! お好みのハーブを添えると、香りがよく見た目の豪華さも増しますよ。
食べやすくて美味しい、ヘルシーな豚肉料理。簡単にできるのに料理上手な印象を与えられるレシピです! 

監修 宮前真樹さん
美養サラダ研究家・タレント

「CoCo」メンバーとして歌手デビューし、活動中に食に目覚める。引退後、フランスの名門料理学校「ル・コルドン・ブルー」で学び、食に関する資格を取得。2010年、青山にカフェレストラン「M.nature(エム・ナチュール)」をオープンする。現在は店を運営する傍ら、美味しく食べて太りにくいレシピ開発など多方面で活躍中。
宮前真樹オフィシャルブログ:
https://ameblo.jp/makibotchi0116/


書籍

サラダやベジヌードルのレシピが満載の著書「サラダのくすり箱」(ワニブックス)」好評発売中。

M.nature(エム・ナチュール)

東京都渋谷区渋谷2-2-3 ルカビル2-B1
TEL:03-5466-1537
M.nature 公式ホームページ:http://mnature.jp/

Page Top