2017.07.28

ベジヌードルレシピ2 ズッキーニとほうれん草のジェノベーゼパスタ

ベジヌードルレシピシリーズ2回目はパスタ感覚で食べられる「ズッキーニとほうれん草のジェノベーゼパスタ」です。今回は加熱しないで生のまま食べるローフードのレシピ。作り方はローフードマイスターの志村双葉さんに教えてもらいます。

短時間で簡単に作れ、ローカロリー&ヘルシーなベジヌードル。野菜をたくさん食べることができて満足感も大きいので、ダイエットはもちろん美容と健康のために知っておきたいメニューです。

「ズッキーニとほうれん草のジェノベーゼパスタ」の作り方

材料(2人分)

  • ズッキーニ…小2本(大の場合は1本)
  • 松の実…1/2カップ
  • ほうれん草…5~6枚
  • パセリ…5~6房
  • バジルの葉…50g
  • にんにく…1片
  • エクストラバージンオリーブオイル…1/2カップ
  • 塩…小さじ1

 <トッピング>

  • ミニトマト…2~3個
  • 浸水した松の実…適宜
  • カシューナッツの粉チーズ…適宜 ※作り方はページ下で紹介しています。

1. 松の実は1時間前に水に浸しておき、使う直前に水気をよく切ります。このうち、少量の松の実はトッピング用に分けておいてください。
 

2. ズッキーニをベジヌードルカッターにかけ、ヌードル状にします。
ベジヌードルカッターがない場合は、ピーラーやスライサーを使って麺状にカットしてください。
 

3. ベジヌードルカッターにかけたズッキーニは1本が長いので、キッチンばさみで粗く切っておきましょう。
 

4. 粗く切ったほうれん草とパセリ、バジルの葉、水に浸した松の実、にんにく、エクストラバージンオリーブオイル、塩をミキサーにかけます。
 

5. 全体がなめらかになったらジェノベーゼソースの出来上がり。
 

6. ボウルにズッキーニとジェノベーゼソースを入れ、均一に和えましょう。
 

7. 器に盛り付け、半分~1/4に切ったミニトマトと松の実、お好みでカシューナッツの粉チーズをトッピングしたら完成です!



「カシューナッツの粉チーズ」の作り方

乳製品を使わない粉チーズの作り方を紹介します。食感も風味も粉チーズそっくりで、お料理の味が引き立ちます。乳製品が苦手な方やアレルギーなどで食べられない方にもオススメです!
 

ニュートリショナルイーストは、サトウキビとビートに糖蜜を加えて発酵させた食品。チーズのような風味で、ビーガンに大人気です。自然食材店やインターネットで購入することができます。
 

材料(2人分)

  • 生カシューナッツ…1/2カップ ※浸水せずに使います
  • ニュートリショナルイースト…大さじ1
  • スモークパプリカ…小さじ1/2
  • 塩…小さじ1


 

全ての材料をブレンダーにかけるだけで簡単に粉チーズ風になります。保存容器に入れ、冷蔵庫で保存することもできます。

毎日の食事にベジヌードルを取り入れて、野菜をたっぷりとってくださいね!
 

志村双葉

監修 志村双葉さん
ローフードマイスター

Futaba’s Kitchen主宰。広告代理店で長年化粧品ブランドの企画開発に関わり、本当の美は健康からと気づいてローフードに出合う。2000年にローフードマイスター1級を取得し、ローフードサロン Futaba’s Kitchenを設立。「簡単・美味しい・キレイ」なハーフロー(1日に食べる物の半分を生の食品にする)を提案し、ローフードと発酵食品をテーマにしたワークショップを開講する他、クッキングレッスンやイベントなどを行っている。
関連リンク:http://www.futabas-kitchen-rawfood.com/


書籍

新著は植物性素材だけで火を使わずに作るヘルシーなお菓子レシピが満載。「Beauty Raw Sweets やせるお菓子」(永岡書店)

Page Top