2017.04.11

スーパーフードを使ったヘルシーな朝食2 チアシードプリン

水分を含むと約10倍にも膨らむチアシードは少量で満腹感を得ることができます。食物繊維など不足しがちな栄養素も摂ることができるので、ダイエット中の方や健康に気を配る方の朝食にピッタリ。作り方はローフードマイスターの志村双葉さんに教えてもらいます。

「チアシードプリン」の作り方

材料(1人分)

  • 生アーモンド…1カップ ※1晩くらい浸水させたものを使います
  • 水…3カップ(600mL)
  • チアシード…1/5カップ
  • メープルシロップ…60g
  • ナッツミルクバッグ ※水切りネット2枚を重ねて代用できます

 <トッピング用>

  • カシュー生クリーム…適量
  • アーモンドなどお好きなナッツ類…適量
  • カカオニブ…適量
  • グラノーラ…適量
  • ドライクランベリー…適量

 <カシュー生クリームの材料>

  • 生カシューナッツ…40g ※1晩くらい浸水させたものを使います
  • ココナッツクリーム…200g
  • ココナッツオイル…55g ※寒い時期は湯せんで溶かして使います
  • メープルシロップ…80g
  • バニラエッセンス…小さじ1
  • 塩…ひとつまみ

※生アーモンド、生カシューナッツ、ココナッツクリーム、チアシード、カカオニブ、ナッツミルクバッグは自然食品店やインターネットで購入できます。
 

チアシードプリンは前の晩に仕込んでおきましょう!

1. 1晩くらい浸水させた生アーモンド水をミキサーにかけてアーモンドミルクを作ります。通常のミキサーを使う場合は2~3分、バイタミックスなど粉砕力のあるものを使う場合は1分が目安です。
 

2. 全体がなめらかになったら、ナッツミルクバッグでこします。アーモンドミルクをしっかり絞り出してください。これでアーモンドミルクが約500mLとれます。

※今回1人分のチアシードプリンには200mLを使用します。残ったアーモンドミルクは冷蔵庫で2~3日保存できます。残ったアーモンドパルプ(アーモンドのかす)は、食物繊維が豊富なので捨てずにとっておいて、パンケーキやクッキーを作る時に混ぜて使うこともできます。 

3. こしたアーモンドミルク200mLにメープルシロップを加えてよく混ぜます。
 

4. 最後にチアシードを加えて全体をよくかき混ぜてください。
 

5. チアシードを加えたアーモンドミルクにラップをかけ、冷蔵庫に入れて5~6時間おきましょう。均一にするため、2~3時間経ったら1度かき混ぜるのがコツです。冷蔵庫に入れている間にチアシードが水分を吸ってプルプルの状態になります。
 

6. 食べる直前に冷蔵庫から出し、カシュー生クリーム(作り方は以下を参照してください)やグラノーラ、カカオニブ、刻んだアーモンド、ドライクランベリーをお好みでトッピングしてください。トッピングする材料は噛みごたえの違うものを組み合わせると、色々な食感が楽しめるのでオススメです。

 
カシュー生クリームの作り方

1晩くらい浸水させたカシューナッツ、ココナッツクリーム、ココナッツオイル、メープルシロップ、バニラエッセンス、塩を2~3分ミキサーにかけます。全体がなめらかになったらボウルに移し、ラップをかけて冷蔵庫に入れてください。約3時間で固まってゆるいクリーム状になります。


※カシュー生クリームは冷蔵庫で2~3日保存できます。カットしたお好きなフルーツに混ぜてパフェを作ったり、ローチョコレートケーキのトッピングに使っても美味しく食べることができます。
 


 

◆志村双葉さんのスーパーフードコラム

「チアシードはメキシコなど中南米で栽培されているシソ科の植物チアの種で、植物繊維やオメガ3などを含む栄養価の高い食品。水分を吸収するとプルプルの状態になり、プチプチした食感が楽しめます。味がないので豆乳や生ジュースなど好みのドリンクに混ぜましょう。生きた酵素を摂るローフードのレシピで使用する場合は、アーモンドミルクに混ぜるのがオススメです」(志村双葉さん)。

志村双葉

監修 志村双葉さん
ローフードマイスター

Futaba’s Kitchen主宰。広告代理店で長年化粧品ブランドの企画開発に関わり、本当の美は健康からと気づいてローフードに出合う。2000年にローフードマイスター1級を取得し、ローフードサロン Futaba’s Kitchenを設立。「簡単・美味しい・キレイ」なハーフロー(1日に食べる物の半分を生の食品にする)を提案し、ローフードと発酵食品をテーマにしたワークショップを開講する他、クッキングレッスンやイベントなどを行っている。
関連リンク:http://www.futabas-kitchen-rawfood.com/


書籍

新著は植物性素材だけで火を使わずに作るヘルシーなお菓子レシピが満載。「Beauty Raw Sweets やせるお菓子」(永岡書店)

Page Top