2016.03.22

インスタント味噌汁「みそまる」2 アレンジレシピ

簡単に手作りできる、美味しいインスタント味噌汁「みそまる」。前回に引き続き、ちょっとユニークな風味の「みそまる」の作り方をご紹介します。味噌に調味料を加えて具材を少し変えるだけで、日本伝統の味噌が世界の味わいになるんです!

「みそまる」に使う味噌の種類はお好みで何でもOKですが、2~3種類の味噌を混ぜ合わせると味に奥行きが出ます。今回は、Vol.1で「みそまる」の作り方を教えてくれた藤本智子さんに、混ぜ合わせる味噌の割合をレシピごとに教えてもらいました。慣れてきたら、達人のブレンド味噌にもトライしてみてくださいね。

「アジアンみそまる」を作ってみましょう。

ごま油を加えて中華風に、カレー粉を加えてエスニック風に。具材や調味料を工夫すると、いつもの味噌汁が簡単に様変わりします。さまざまな風味が楽しめるので、飽きることなく味噌汁を飲むことができますよ!
 

桜エビ・アーモンド・小松菜の「みそまる」

桜エビのだしとごま油の風味で、味噌汁が一気に中華風に早変わり。香ばしいアーモンドがアクセントになって、具材の噛みごたえもアップします。
 

材料(10個分)

  • 乾燥桜エビ…大さじ1
  • 乾燥小松菜…大さじ2
  • アーモンドダイス…40g
  • 板麩…7g
  • ごま油…小さじ1
  • 味噌…180g ※お好みのものでOKですが、赤味噌か下記で紹介するブレンド味噌がオススメです。
  • だし(天然だし)…大さじ2+1/2(市販の顆粒だしを使う場合は小さじ1~2)

※だしは手作りの天然だしがオススメですが、市販の顆粒だしでもかまいません。塩分が強い市販の顆粒だしを使う場合は、量を調節してください。
 

材料の下準備

乾燥小松菜は粗く刻み、板麩は粗く砕きます。アーモンドダイスは軽く炒ってください。
 

作り方

1. ボウルに味噌を入れ、だしを加えてよく混ぜます。
 

2. 胡麻油を加えて、さらによく混ぜましょう。
 

3. さらに、乾燥桜エビ、乾燥小松菜、板麩を加えて混ぜます。
 

4. 均一に混ぜ合わせた「みそまる」の種を直径約3㎝のボール型に丸めます。
 

5. 炒ったアーモンドダイスを入れた器に「みそまる」を入れ、揺らすようにしながら転がすと、上手に表面をコーティングすることができます。


 

中華風の「みそまる」ができました! 見た目がお菓子みたいで可愛いですね。出来上がった「みそまる」は、ラップで包んで冷蔵庫か冷凍庫で保存しましょう。保存の方法は、「インスタント味噌汁「みそまる」1 基本レシピ」を見てくださいね。
 

カレー風味の「みそまる」もオススメです!

カレーと味噌は意外なことに好相性。フライオニオンを入れることによってコクが出て、ボリューム感も出てきます。
 

材料(10個分)

  • 水煮大豆…50g
  • カレー粉…大さじ1
  • 乾燥ほうれん草…大さじ2
  • フライオニオン…大さじ3
  • 味噌…180g ※お好きなものでOKですが、白味噌か下記で紹介するブレンド味噌がオススメです。
  • だし(天然だし)…大さじ2+1/2(市販の顆粒だしを使う場合は小さじ1~2)

※水煮大豆、乾燥ほうれん草、フライオニオンは粗く刻みます。
 

◆この「みそまる」に合うブレンド味噌◆
カレーの風味を活かすため、オーソドックスタイプの北海道味噌と信州味噌を5:5で合わせるのがオススメ。どんな具材ともよく合います。
 

洋風「みそまる」を作ることもできます!

バターやチーズを加えると、意外にも味噌が洋風の味わいになります。具材も洋風野菜やベーコン、ポルチーニなどを使って、洋食に合わせるスープに仕立てちゃいましょう。
 

マッシュルームとベーコンの「みそまる」

バター入りでコクとまろやかさがあり、パンにも合う洋風味噌スープです。だしは、野菜だしやコンソメを小さじ1/2~1くらい使ってもOKです。
 

材料(10個分)

  • マッシュルームの水煮…40g
  • 乾燥バジル…小さじ1
  • ベーコンビッツ…大さじ2
  • バター…小さじ1
  • 味噌…180g ※お好きなものでOKですが、白味噌か下記で紹介するブレンド味噌がオススメです。
  • だし(天然だし)…大さじ2+1/2(市販の顆粒だしを使う場合は小さじ1~2)

※マッシュルームは粗く刻みます。

◆この「みそまる」に合うブレンド味噌◆
良質なお米を使った秋田味噌と爽やかな信州味噌を5:5で合わせると味が締まります。
 
 
 

ドライトマトとチーズの「みそまる」

トロリととろけるチーズとドライトマトの旨味に、香り高いポルチーニがアクセントになったマリアージュ。味噌とチーズは発酵食品同士で、とても相性がいいんです!
 

材料(10個分)

  • ドライトマト…15g
  • ポルチーニ…大さじ2
  • とろけるチーズ…40g
  • オリーブオイル…小さじ1
  • 味噌…180g ※お好きなものでOKですが、赤味噌か下記で紹介するブレンド味噌がオススメです。
  • だし(天然だし)…大さじ2+1/2(市販の顆粒だしを使う場合は小さじ1~2)

※ドライトマトは粗く刻みます。

◆この「みそまる」に合うブレンド味噌◆
上州味噌と東海豆味噌(八丁味噌)を7:3でブレンドすると旨味が増します。赤味噌を使うと、混ぜた時にできる味噌とチーズのカラーコントラストがキレイです。
 

コーティング&ラッピングを工夫して「みそまる」をギフトに!

丸めた直後の「みそまる」を色々な食材でコーティングすると、お菓子みたいに可愛くなります。コーティングに使う食材は上記でご紹介したアーモンドダイスの他、胡麻やとろろ昆布などがオススメ。白や赤の味噌パウダーでコーティングすると、チョコレートトリュフのような見た目に仕上がります。また、かぼちゃフレークで黄色に、梅パウダーで赤にとカラフルな「みそまる」も作れちゃいます。これをキレイな包装紙でラッピングしたり、お菓子用の箱に入れると素敵なギフトになりますよ!


お友達同士で違う「みそまる」を作って、交換するのも楽しいかもしれません。楽しみ方がいっぱいの「みそまる」を、毎日の食事やお弁当のお供にしてくださいね。

監修 藤本智子さん
みそまる普及委員会代表

2011年にミソガールとして「365日味噌活宣言」をし、味噌の普及啓蒙活動を開始。翌年「みそソムリエ」を取得し、2014年に「ジャパン味噌プレス」を創刊、2015年に「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」を務めたほか、各地でイベントや講習会を行うなど活動を広げている。

関連リンク:
http://misopress.jp/


書籍

著書にバリエーション豊かなレシピがたくさん紹介されている。上・「みそまる」(二見書房)、下・「みそまる」(宝島社)

Page Top