美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

2016.03.14

夜遅くに食べても安心!お夜食スープレシピ2

きちんと栄養が摂れて低カロリーなのが嬉しい「夜遅くに食べても安心!お夜食スープレシピ2」は、野菜をたっぷり食べられるロースープの作り方をご紹介します。このメニューは、事前に一部の食材を水に漬けておく必要があるので、帰宅が遅くなる予定の日にこそオススメ。火にかけずに作るので、食材の酵素を生かしたまま食べることができますよ!

「トマトと赤ピーマンのロースープ」の作り方

材料(2~3人分)

 <スープ>

  • トマト(中くらいの大きさ)…4個
  • 赤ピーマン…1個
  • 生カシューナッツ…1カップ(約100g)(半日くらい浸水させておきます)
  • ドライトマト…6~7個(1時間くらい浸水させて、水気を絞ります)
  • にんにく…1かけ
  • レモン汁…1個分
  • オリーブオイル…大さじ2
  • 塩…小さじ1
  • こしょう…適量
  • 湯(60℃くらい)…500mL

 <具>

  • アボカド…2個
  • スウィートコーン(水煮の缶詰)…1カップ
  • きゅうり…1本
  • チリパウダー…少々


 

作り方

1. まず、スープを作ります。
スープの材料を準備します。水に漬けて戻したドライトマトと赤ピーマンは粗めに切り、トマトは4等分にします。浸水しておいたカシューナッツは水気を切りましょう。
 

2. 湯、トマト、赤ピーマン、生カシューナッツ、にんにく、レモン汁、オリーブオイル、塩、こしょうをミキサーに入れます。
※食品の酵素は48~60℃の熱で失われると言われています。そのため、ローフードでは熱湯を使いません。野菜などの材料と混ざって温度が下がることを考慮して、ここでは60℃の湯を使っています。
 

3. 写真のように、十分なめらかなスープになるまでミキサーにかけます。これで、スープは出来上がり!
 

4. 次に、具を準備します。アボカドはスプーンで果肉をすくい、粗めに切ります。きゅうりはピーラーを使って薄く引きましょう。
 

5. スープ皿にアボカドを入れ、引いてリボン状になったきゅうりとスウィートコーンを乗せます。
 

6. 具にスープを注ぎましょう。ミキサーにかけたスープを具に注いだら、出来上がりです!


 

仕上げにチリパウダーをかけていただきます。生きた酵素を摂るため、このスープはアツアツではありませんが、体に優しい食べごたえです。ローフードではミルクを使わないのですが、生カシューナッツがその代わりとなって味わいがまろやかになります。野菜もたっぷり摂ることができて、とても美味しいですよ!

スープはこんな楽しみ方もできます。

野菜をミキサーにかける時に冷水を使えば春夏にぴったりのガスパチョになります。冷蔵庫で冷やして、小さいサイコロ状に切ったきゅうりなどの野菜にかけてサラダ風にするのもオススメです!

ローフードと聞くと難しそうな印象を受けるかもしれませんが、実際は食材に熱を加えずに生で食べるだけなんです。生きた酵素の他にビタミンも摂れるので、普段の食生活に積極的に取り入れたいですね。
 

志村双葉

監修 志村双葉さん
ローフードマイスター

Futaba’s Kitchen主宰。広告代理店で長年化粧品ブランドの企画開発に関わり、本当の美は健康からと気づいてローフードに出合う。2000年にローフードマイスター1級を取得し、ローフードサロン Futaba’s Kitchenを設立。「簡単・美味しい・キレイ」なハーフロー(1日に食べる物の半分を生の食品にする)を提案し、ローフードと発酵食品をテーマにしたワークショップを開講する他、クッキングレッスンやイベントなどを行っている。
関連リンク:http://www.futabas-kitchen-rawfood.com/


書籍

新著は植物性素材だけで火を使わずに作るヘルシーなお菓子レシピが満載。「Beauty Raw Sweets やせるお菓子」(永岡書店)

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

Page Top