美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

2019.08.09

パーソナルカラーで垢抜け美人へ3<応用編>

自分らしくオシャレな印象を引き立てるパーソナルカラー。3回目は、パーソナルカラー以外の色を身につけたいときやパーソナルカラーを活用したメイクのポイントを、パーソナルカラースタイリストの矢吹朋子さんに教えてもらいます。

スプリング、サマー、オータム、ウインターの4つのタイプのうち、自分のカラータイプがわからない方は、セルフチェック編でチェックしてください。

パーソナルカラー以外の色を身につけたいときのポイント

「似合う色を身につけていると、肌の透明感が際立ち、パッと明るい印象に。一方、くすみやくま、ほうれい線などが目立ってしまうときは、似合わない色を身につけている可能性があります」(矢吹朋子さん)

とはいえ、クローゼットにある全ての服を似合う色に買い換えるなんて無理…。そこで、対処法についてご紹介します。
 

顔まわりに似合う色を取り入れて

グリーンのロングスカート

パーソナルカラー以外の色を身につけたいときはトップスやインナー、ストール、アクセサリーなど、顔まわりに自分のパーソナルカラー(=似合う色)を取り入れることで、顔色が明るく見え、生き生きした印象になります。

「今持っている服に小物やアクセサリーを組み合わせて、顔まわりを上手にコーディネートすれば、自分らしい洗練された印象が際立ちます。他のパーソナルカラーやトレンド色を身につけたいときは、顔まわり以外に組み合わせるといいでしょう」
「どうしても他のタイプの色のシャツが着たい場合は、ボタンを2〜3個開けてデコルテを出すこと。デコルテを開けることで服が顔から少し離れるうえ、デコルテに反射した光が顔色を明るく見せてくれます」
(矢吹さん)


 パーソナルカラーグループから近い色味を選ぶ

トレンドカラーのブルーを着たいけれど似合う色じゃないから…と諦めるのではなく、自分のパーソナルカラーグループからその色に近い色味をセレクト。グループ内の「似合う青系の色」を探すのも、カラーコーディネートのポイントです。

「同じ色でも多彩なカラーバリエーションがあり、アイテムや素材によっても見た目や印象が変わるもの。この色はNGと思わずにいろいろ試してくださいね」(矢吹さん)


 各タイプによって似合う「青」はさまざま

一口に青といっても各タイプによって似合う色味は異なります。ブルー系の中から似合うブルーを選んで、アクセサリーやインナーなど、顔まわりにコーディネート。肌と服の色がなじむと全体的に安定感が生まれ「垢抜け美人」の印象がアップします。

「きちんとした印象が強いブルーは、カットソーやニットなどのインナーに使ったり、ネックレスなどのアクセサリーとして身につけるのがおすすめです。スプリングタイプは明るいクリアアクアを。サマータイプは優しい色合いのブルーのトップス、オータムタイプはターコイズのネックレスやイヤリングなどで工夫すると効果的です。ウインタータイプはロイヤルブルーで洗練された印象に。爽やかで知的なイメージを与えるブルーは、ビジネスシーンで自分に自信を持ちたいときにぜひ取り入れてほしい色です」(矢吹さん)
 

<タイプ別 似合うブルー>

メイクアップを工夫すればより洗練されたイメージに

顔まわりに似合う色を取り入れて垢抜け美人に近づいたら、メイクアップにもパーソナルカラーをオン。パーソナルカラーを肌に乗せると顔色が明るくなり、メリハリのある印象に。リップやチーク、アイシャドウなどにパーソナルカラーを取り入れて、自分の魅力をもっと引き出して!

Springタイプ

グリーンのロングスカート

肌の質感が繊細で色素が薄く、イエローベースの肌タイプであるスプリングタイプ。ほんのり血色感が漂うコーラルやピーチの肌なじみの良い色が似合います。フレッシュな印象を際立たせるコーラルピンクやオレンジ系のリップ、オレンジコーラルのチークで若々しく明るい表情に。青みピンクやローズは顔色を悪く見せるので避けるのがベター。

Summerタイプ

グリーンのロングスカート

エレガントで華やかな印象のサマータイプは、ブルーベースの肌タイプ。もともと唇に赤みがあり、年齢を重ねるとくすんで見えがちなのが特徴です。ベビーピンクやソフトなローズレッドのリップなら肌にスッキリなじみ、品よく女性らしい雰囲気に。顔色にも赤みが出やすいので、チークは捕色となる寒色系のソフトローズを。全体を青みのあるピンク系でまとめるとバランス感が出て上品さが引き立ちます。

Autumnタイプ

グリーンのロングスカート

肌や唇に赤みが少ないイエローベースの肌タイプであるオータムタイプは、明るく温かみのある色を選んで顔全体のトーンをアップ。リップには、顔色を華やかに見せるオレンジベージュや鮮やかな朱赤がおすすめです。唇を艶やかにまとう分、チークはベージュ系でしっとりまとめるとバランスがよくなり、落ち着いた雰囲気に。肌が青白く見える人は、チークもオレンジ系で血色をプラスしましょう。

Winterタイプ

グリーンのロングスカート

目ヂカラが強く、エキゾチックな印象のウインタータイプは、ブルーベースの肌タイプ。はっきりとしたメリハリ感のある色味が似合います。トレンドの濃い赤やローズレッド、プラムなどの深みのある色を唇に添えるとスタイリッシュな印象に。チークはくすみのない鮮やかなローズでメリハリ感を出せば、グンと華やかに。顔の立体感が強調され、小顔効果も期待できます。


パーソナルカラーを知っていると、オシャレの楽しさが一気に広がりますね。色を味方につけて、魅力を最大限に引き出しましょう!

イラスト:黒川輝代子 

矢吹朋子

監修 矢吹朋子さん
ブラッシュアップStyle 主宰

イメージアップコーディネーター、パーソナルカラー&メイク講師。20 年で8000 名以上のカラー診断と似合う色でのメイクを行い、「色できれいになって楽しい!」と口コミで幅広い世代の女性からの支持を得る。「似合う色で多くの人を輝かせたい」とサロンワークの他に、カラーアナリスト養成スクールも開催。パーソナルカラーをわかりやすく解説することに定評があり、雑誌やWEB コンテンツ企画、アパレル業界などでの研修、またイベントなどで独自の『パーソナルカラー講座』、『メイク講座』、『イメージアップセミナー』などを展開し、幅広く活躍。
ブラッシュアップStyle 公式サイト https://www.yabuki-tomoko.com/


そうだ、キャンプいこう!

書籍

著書:『美人だけが知っている似合う服の原則』(主婦の友社)

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

Page Top