美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

2019.06.07

簡単DIY 2<プラスチック鉢がアンティーク調に変身!>

自分らしい住空間を追求する「DIY女子」に人気のインテリアショップ「Decor Interior Tokyo」が、DIYビギナーにも簡単にできるオリジナルグッズの作り方を提案します。

簡単DIYの2回目は、100円ショップで売っているプラスチックの植木鉢をフレンチアンティーク調のおしゃれインテリアにアレンジ。塗るだけでビンテージ(ひび割れ感)加工ができる専用の塗料を使用。ペイント初心者にもおすすめの塗装方法です。
 

100円ショップの植木鉢をアンティーク調にアレンジ!

● 用意するもの

  • 市販のプラスチック製植木鉢
  • 下地材(超強力密着プライマー)
  • クラック塗料(クラッキングメディウム)
  • 下塗り用水性塗料(赤系の色)
  • 上塗り用水性塗料(アイボリー)
  • 刷毛 4本 ※1~2本で仕上げることもできますが、洗浄が必要です
  • 養生材(マスカーなど) ※ビニールシートなどでも可
  • 缶オープナー ※マイナスドライバーなどで代用できます。
  • プラスチック容器など下地材や塗料を入れるための容器 4個
  • ヘアドライヤー

※下地材や塗料、刷毛などは、Decor Interior Tokyoの店舗やオンラインストア、DIYショップ、ホームセンター、インターネットなどで購入できます。

● 手順

まず、塗料などで汚れないよう、テーブルに養生材を敷きます。
服に塗料がつくと落ちない場合があるので、エプロンや汚れてもいい服を着用してください。 


下地材を塗る

下地材を使う量だけ容器に移し、刷毛を使ってプラスチック製植木鉢の側面に塗っていきます(鉢の底と内側は塗りません。塗料も同様)。
下地材を塗ることで、植木鉢と後に塗る水性塗料の密着度が高まります。

ヘアドライヤーの温風を少し離れたところから当てて乾かします。ドライヤーは近づけ過ぎないよう気をつけてください。
下地材が透明になり、ツヤ感がなくなってきたら乾いた合図です。


下塗り用塗料を塗る

今回の下塗りは、水性塗料“夏水組ウォールペイント アメリ”を使用。この色が、完成したときにひび割れの間から見えます。
缶を軽く振ってからオープナーで蓋を開け、使う量だけ塗料を容器に移します。刷毛に塗料をとったら容器の縁で余分な塗料をしごき、かすれても気にせず全体を塗っていきましょう。

塗料が完全に乾くと、マットな質感になります。自然乾燥で約30〜40分、ヘアドライヤーを使うと10分くらいで乾きます。
※季節や室内環境によって乾く時間は変わります。


クラック塗料、上塗り用塗料と塗り重ねる

ビンテージ加工を施す専用塗料・クラック塗料を軽く振ったら、使う量だけ容器に移し、刷毛で塗っていきます。

クラック塗料が完全に乾いた状態で上塗り用塗料を塗るとひび割れが出なくなるので、指で触れてベタベタ感があるくらいを目安に、乾かしすぎないよう気をつけてください。 
 

上塗り用の塗料は、水性塗料“夏水組ウォールペイント カシュミュール”を使用します。
クラッキングメディウムが完全に乾かないうちに、下塗りと同様に使う量だけ容器に移します。刷毛に塗料をとったら容器の縁で余分な塗料をしごき、薄く素早く塗り広げましょう。出来るだけ重ね付けしないほうが、アンティーク調のひび割れ感が際立ちます。
 

完成
ビンテージ感のあるオリジナル植木鉢が完成しました。
 

プチプラの植木鉢が、フレンチアンティーク調のインテリアに変身!
写真左は、下地にカーキ色の塗料“夏水組ウォールペイント アンジェリーナ”を使用しています。
 
プチプラの小物を使ったペイントは、初心者はもちろん、家具など広い面積のペイントを考えている方のお試しにもおすすめです。塗料の色や塗り方によって仕上がりの雰囲気が変わるので、部屋のイメージや好みに合わせていろいろ試してくださいね。

今村美帆子

監修 Decor Interior Tokyo (デコール インテリア トウキョウ)

DIYブームの火付け役であり、リノベーション事業や空間デザイン、オリジナル商品企画などを手掛ける夏水組代表の坂田夏水さんがプロデュースした代官山のインテリアショップ。「もっと日本の住まいをきらきら輝く空間に」というコンセプトのもと、DIYグッズから壁紙や建具、床材などの内装建材を幅広く揃え、総合的な視点で住生活をとらえた新感覚のショップ。誰もが気軽におしゃれな空間が作れるようオンラインストアやワークショップも充実している。
https://decor-tokyo.com
https://material-interior.com (オンラインストア)

美ビッドスマイル 公式Twitter @vividsmile_jp

Page Top