2015.11.20

プリザーブドフラワーで作る素敵なギフト1<メッセージフレームの作り方>

クリスマスのギフトシーズンが、もう間もなくですね。今回は、市販のプリザーブドフラワーを使ったメッセージフレームの作り方を紹介します。
とても手作りとは思えないレベルのギフトが、意外に簡単にできちゃいます!

材料

  • プリザーブドフラワー(小さめのローズ)…16輪(大型手芸店やネットで購入できます)
  • フォトフレーム(深めで、写真粋と外粋の間にスペースがあるもの)
  • メッセージ(プリントや手書きで制作します)
  • クリアファイル(切ってプリザーブドフラワーの土台に使用します)
  • グルーガン・専用グルースティック
  • さいばし
  • カッター
  • はさみ

※グル―ガンはスティック状の樹脂を熱で溶かして接着するもの。引き金を引き、グルーを出して約1分で接着が完了するので、短時間で工作することができます。手芸用品店やホームセンターの他、100円ショップでも購入できます。
。※通電したグル―ガンの先端はとても熱いので、触れないように注意してください。使い終わったらすぐにコンセントを抜いてください

作り方

プリザーブドフラワーの大きさに合わせ、少し大き目の正方形にクリアファイルを切ります(今回の場合は縦横3㎝の長さです)。このシートをプリザーブドフラワーの土台にします。
 

切ったシートに、グルーガンでグルーを厚めに塗ります。
 

プリザーブドフラワーは、根元から5㎜くらいの部分をカッターで切り落とします。
 

プリザーブドフラワーの断面にもグルーを塗ります。
 

グルーを塗ったシートに、プリザーブドフラワーを乗せて接着します。
 

さいばしでプリザーブドフラワーの花びらを広げます。グルーが熱いうちに、思い切りよく広げるのがコツです!
グルーをシートに塗ってから、ここまでのプロセスは手早くしましょう。グルーが冷めて乾いてしまうと、花びらが広がりにくくなります。
 

数分後にグルーが乾いたら、プリザーブドフラワーの形に合わせて周囲のシートを5㎜くらいの幅で切り取ります。
 

デコレーションに使うプリザーブドフラワーができました。これを16輪分、作ります。
 

続いて、フォトフレームにメッセージをセットします。メッセージはプリントアウトしてもいいし、手書きでもOK。イラストを描いてもいいですね。
 

フォトフレームにメッセージをセットすると、こんな風になります。フォトフレームは深めのものを使うと、飾っている間にプリザーブドフラワーが傷みにくいのでオススメです。
 

接着する前に、フォトフレームの内側にプリザーブドフラワーを並べて、配置を確かめましょう。
 

プリザーブドフラワーの土台の底面にグルーを塗って、写真粋と外粋の間のスペースに接着していきます。
 

初めに四隅に貼って、間を埋めていくようにすると、バランスよく配置できますよ!
 

プリザーブドフラワーのメッセージフレームができました! メッセージは裏から入れ替えられるので、もらった方は好きな写真などを入れて飾ることもできます。
 

慣れないうちは、同種類のプリザーブドフラワーを使うのが無難。慣れてきたら、さまざまなプリザーブドフラワーを組み合わせて作ってもステキですよ。
プリザーブドフラワーは長持ちするので、思い出を長く楽しむことができます。こんなギフトなら、もらい手が感動すること間違いなし。大切な方への贈り物に、ぜひチャレンジしてみてくださいね。
 

監修 石川妙子さん

「チェルシーフラワーズ」主宰。日本プリザーブドフラワー協会理事。フランスで花や料理を探求し、帰国後にアトリエを設立。プリザーブドフラワーをいち早く取り入れたレッスンを行うなど、業界の第一人者になる。現在は、アトリエでレッスンを行うほか、ウエディングや企業イベントなどの装飾、雑誌やテレビへの出演など幅広く活動している。

Page Top