2015.10.08

くるみボタンで作るオシャレなヘアポニー

100円ショップでも買える、くるみボタンで作るヘアポニーが密かな人気です。デコレーションの仕方はアイデア次第。
今回は、スタイリストの深沢由希子さんに、パールやファーをあしらったヘアポニーの作り方を教えてもらいます。

材料

パール・ビーズ付きヘアポニー

  • くるみボタン(直径3㎝)1個
  • サテン生地 少々(直径6㎝の円形に切る)
  • 手芸用の綿 少々
  • パールやビーズ(7㎜大)約40個(6㎜大の場合は50~60個)
  • ヘアゴム 17cm
  • 針と糸
  • 木工用ボンド

ファー付きヘアポニー

  • くるみボタン(直径3㎝)1個
  • サテン生地 少々(直径6㎝の円形に切る)
  • 手芸用の綿 少々
  • 三角しおりの完成です
  • ファーリボン 15㎝
  • ヘアゴム 17cm
  • 針と糸
  • 木工用ボンド

パール・ビーズ付きヘアポニーの作り方

まず、サテン生地のくるみボタンを作ります。

サテン生地の周囲(端から内側5㎜)を粗めに、ぐし縫いします。糸は切らずに、針に通したままにしておきましょう。

※ぐし縫いは並縫いと同じ縫い方ですが、並縫いよりも細かく縫います。ギャザーを寄せる時によく使われます。
 

サテン生地を裏返しに置いて手芸用の綿を少々乗せ、その上にくるみボタンの上部を裏返しに置きます。綿を入れると、パールをつける時に針が刺しやすく、仕上がりにボリューム感が出ます。
 

ぐし縫いした糸を引っ張り、ギャザーが均等になるように整えながら、くるみボタン上部の金具を包みます。糸はこの後に玉止めしてください。
 

くるみボタン下部の金具の内側にボンドを塗り、上部の金具裏に押し込みます。これで、くるみボタンの出来上がり。
 

くるみボタンにパールをつけていきます。

くるみボタンの表中央に針を刺してパールを1個つけ、5㎜くらい離れた位置から針の先端を出します。
 

中央のパールの周囲にパールをつけていきます。
 

パールが1周したら、その外側にさらに円を描くようにパールを縫い付けていきます。内側のパールとパールの真ん中から針の先端を出すようにすると仕上がりがキレイ。
 

くるみボタンの端までパールをつけたら糸を玉止めし、針をくるみボタンの内側にくぐらせて余った糸が目立たないように始末します。
 

あとはゴムをつけるだけ!

くるみボタンのリング部にヘアゴムを通し、輪にして結びます。
 

出来上がりました!普段使いはもちろん、ちょっとしたフォーマルなヘアスタイルにも使えますね。
 

ファー付きヘアポニーの作り方

パール付きヘアポニーと同様にサテン生地で包んだくるみボタンを作り、周囲の側面にボンドを塗ります。
 

ボンドを塗った部分にファーリボンを沿わせて接着していきます。
 

最後はファーリボンが2~3cmくらい重なるようにし、裏側にボンドを塗って貼り付けます。
 

冬のファッションに合わせたい、ファー付きのヘアポニーができました! ボンドで接着するだけなので、不器用な人でも簡単に作れます。
 
くるみボタンに付ける素材を工夫すると、色々なバリエーションが楽しめるヘアポニー。
ヘアだけでなく、腕やバッグに付けても素敵です。ぜひ、作ってみてくださいね!

momo

監修 「スタイリスト」深沢由希子さん

スタイリストとして20年のキャリアを持ち、センスと手先の器用さを生かして“手作リスト”としても活動中。現在はキャリアカウンセラーとして職業相談や面接のためのイメージアップなどのアドバイスを行っている。

Page Top