2018.03.02

スポーツを始めよう! PART3<ゴルフ編>

「スポーツを始めよう!」シリーズの3回目は、数あるスポーツの中でも大人に人気の高いゴルフを紹介します。全く初めての方でも、スクールの体験レッスンに行ってみれば入門するのは簡単。 今回は「ミズノ ゴルフスタジオ エスポート」でコーチを務める川端恭子さんにレッスン内容を教えてもらいます。

体験レッスンに行ってみましょう!

ゴルフが全く初めての方は、基本を教えてもらえる体験レッスンに参加してみるのが得策です!
 

まずはゴルフクラブの持ち方から。左手の小指からグリップを握り、右手は左手の親指を包み込むように握ります。そして、左手の人差し指と中指の上に右手の小指を軽く乗せてください。この握り方を「オーバーラッピンググリップ」と呼びます。クラブと両手の一体感をイメージしてくださいね。
 

構える姿勢を習得しましょう! 両脚を肩幅に開いて立ち、軽く膝を曲げます。上体を前傾させて脇を締め、写真のようにゴルフクラブを持った親指と人差しの間にできるV字が、右手は右肩、左手は首の右側と右肩の中間を指すようにポジションを取ってください。
 

この姿勢でボールを打てる距離をとって立ち、スイングの練習に入ります!
 

基本のスイングは正面に時計があると考え、“4時から8時”、“3時から9時”、“1時から11時”と飛距離によって3種類があります。“4時から8時”が最も大切な基本になるので、初心者はこのスイングをマスターしましょう。
グリップエンド(グリップの末端)がおへそを指すようにし、下半身を動かさないように気をつけながら4時から8時の位置までスイングします。この時、手首を使わないように注意してくださいね。


 

“4時から8時”のスイングができるようになったら、次に“3時から9時”のスイングを同様に練習しましょう。上体と両腕を振り子のように動かすのがポイント。この後、体重移動の練習をしてから、“1時から11時”のフルスイング習得へと進みます。体験レッスンのスイング練習は、大抵の場合ここまでです。
 

初心者のゴルフクラブ選び

ゴルフを始めると決めたら自分のゴルフクラブを持ちたいもの。選ぶ時は専門店のスタッフに相談しましょう。初めての方は、女性用の入門セットもあります。
 

こちらが入門用のゴルフクラブセット。ドライバー1本、フェアウェイウッド(4番)1本、アイアン(7番・9番)、ピッチングウェッジ1本、サンドウェッジ1本、パター1本の7本セットです。コースを回る場合もこのセットがあれば安心。お好みのゴルフバッグに入れて準備完了です!
LIGHT STYLE NEXLITE WOMEN'S CART、ゼファーハーフセット(共に、オープン価格)
 

ゴルフ練習場へ行く時は7番アイアンを持っていきます。専用のケースがあると便利。練習場でのシューズは普段履いているスニーカーでもOKです。
クラブケース 6,500円 ※税抜価格


仲間と緑の多いゴルフコースを回るのは気持ちがよく楽しいものです。これからゴルフを始めたい方は、まずはゴルフスクールなどの体験レッスンにトライしてみてくださいね。

モデル/京奈
 

川端恭子

監修 川端恭子さん
ゴルフコーチ

アマチュアの試合で数多くの好成績を残した後、2006年にLPGAティーチングプロフェッショナル資格A級を習得。ゴルフスクールなどでコーチとしてのキャリアを積み、2011年よりミズノ直営店「ミズノゴルフスタジオ エスポート」でレッスンを開始する(月曜日担当)。
●ミズノゴルフスクール 公式ホームページ:https://www.mizuno.jp/golf/golfschool/

●エスポートミズノ(ミズノ東京店)
東京都千代田区神田小川町3-1 TEL 03-3233-7000(売場番号案内)
https://www.mizuno.jp/shop/flag/s-port/

MIZUNO 公式ホームページ:https://www.mizuno.jp/

このページに掲載した商品、在庫状況などのお問い合わせ先
エスポートミズノ 6F ゴルフ売場 TEL 03-3233-7272

Page Top