2017.04.04

KATE TOKYOのネイルでおしゃれなセルフアート!3

カラーバリエーションが豊富な「ケイト ネイルエナメルカラーN」を上手に組み合わせれば楽しいネイルアートが思いのまま! ネイリストの高橋春菜さんが紹介する簡単セルフアートシリーズの3回目は、イエロー×ブラックを基調にしたストライプが可愛い夏向きネイルです。

スタイリッシュなストライプネイル!

※プロセス写真は、爪の生え際側が上になっています。
 

すべての爪にベースコートを塗りましょう。爪表面がなめらかになって次につけるネイルカラーがきれいに発色し、もちもよくなります。
 

 
● 人差し指と薬指のストライプアートから始めます。

薬指の爪の縦半分にBE-1を塗ります。
 

BE-1のサイドに重ねるように、BK-4を細めに塗ります。
 

残り半分の3/4にYL-1を塗ります。
 

最後に残った部分に、WT-5を塗ってください。人差し指は4色の配置が違うので、下の写真を参考に塗ってください。色と色の境目はラインテープで隠れるので、曲がっていても気にしなくて大丈夫です!
薬指と人差し指に4色のネイルカラーを塗ったら、乾いてから次のプロセスに移ります。乾かす間に、他の爪のネイルカラーを塗りましょう。
 

ネイルカラーの表面が乾いたら、ゴールドのラインテープをBE-1とYL-1の境目、YL-1とWT-5の境目に、白いラインテープをBE-1とBK-4の境目に、黒いラインテープをYL-1の上(バランスのいい位置)に貼ります。
 

余分なラインテープはハサミで切りましょう。これで薬指のネイルアートは出来上がりです。
 

薬指(写真左)も、人差し指(写真右)と同じプロセスで色の配置を変えてネイルアートしてくださいね。

 
 

 
● 4色ネイルカラーを乾かす間に他の爪を塗ります。

親指にYL-1を2度塗りします。
 

ネイルカラーの表面が乾いたら爪の生え際中央にトップコートを塗り、乾かないうちにゴールドのスタッズを乗せましょう。
 

中指にWT-5、小指にBK-4を2度塗りし、親指と同様に爪の生え際にゴールドのスタッズを付けてください。これで単色ネイルカラーのアートは出来上がり。
 

すべての爪のネイルアートができたら、トップコートを塗って完成です!
 

 
 

爪先を上にすると、写真のようになります。全体に統一感を与えるゴールドのラインテープ&スタッズ使いがオシャレに仕上げるポイントです。
 

トップコートでニュアンスが変えられます

流行中のマットなネイルもケイトなら仕上げにマットタイプのトップコートを重ねるだけでできます。同じネイルアートでもニュアンスが変えられるので楽しみが倍になりますよ! (写真:ケイト トップコートN 02 マット)

 
モデル/美麗
 

今回使用したネイルカラーはこちら

ケイト ネイルエナメルカラーN BE-1・BK-4・YL-1・WT-5
ケイト ベースコートN、ケイト トップコートN 01・02

高橋春菜

監修 高橋春菜さん
ネイリスト・アイリスト

トータルビューティサロン「プリムヴェール」代表。JNEC1級・JNAジェル上級・美容師・サンシャインベビーエデュケーターの資格を持つ。
プリムヴェール http://www.primenail.com/
東京都世田谷区太子堂2-23-5 2F TEL:03-6659-4129

Page Top