2016.05.20

元タカラジェンヌ娘役・白華れみさんのヘアアレンジ4

宝塚歌劇で娘役として活躍した白華れみさんがご紹介するヘアアレンジシリーズも最終回。今回は3つのお団子を組み合わせた夜会巻き風のアップスタイルを教えてもらいます。フォーマルなシーンにも素敵に映えますよ!

メイクレッスン2 存在感のある魅力的な目もとへ

夜会巻き風トリプルお団子ヘア

ヘアアレンジの前に髪全体をヘアアイロンで巻いてランダムなカールを作り、櫛で毛流れをきれいに整えます。

※アイロンの巻き方のコツは「元タカラジェンヌ娘役・白華れみさんのヘアアレンジ1」を参考にしてくださいね。
 

耳から上の髪はアップにしてダッカールで留めておきます。残った下の髪を左サイドで1つに結び、結び目の上に指で隙間を作って結んだ毛束を上からくぐらせてください。
 

左サイドで結んだ髪をクルクルとねじりながら、お団子を作ります。
 

左サイドにお団子を作ったら、アメリカピンで3か所くらい留めてしっかり固定しましょう。これが土台のお団子になります。
 

上の髪を留めていたダッカールをはずします。頭頂部の髪を持ち上げて、内側の髪を櫛で上から下へとかして逆毛を立てます。こうすると後頭部にボリュームが出て、エレガントな仕上がりになるんです。
 

上の髪の左1/3くらいを残し、右側の髪を外向きにしっかりねじります。一度ここで手を止め、ねじった部分の内側をアメリカピンで固定しましょう。
 

ねじって留めた毛束を再び毛先までねじりながらお団子を作り、下の髪で作った土台のお団子の上部に重なるようにアメリカピンで留めつけます。
 

残してあった左サイドの髪を2つのお団子に向かって内側にねじっていきます。
 

そのまま毛先までねじって耳の後ろで小さなお団子を作り、先に作った2つのお団子の左側にアメリカピンで留めます。これで3つのお団子が出来上がりました!
 

お団子が崩れないように、ホールド力のあるヘアスプレーを髪全体にかけたら完成です。
 

右から見るとエレガントな夜会巻き風、左から見ると重なり合ったお団子が華やかな雰囲気を演出していますね。パーティなどフォーマルな場所に出かける時のドレスや着物にもピッタリです!
 

今回使用したヘアスタイリング剤

 
SALA 巻き髪スプレー ハードキープ(サラの香り) 160g 

バリッと固めず、ゴワつかずになめらかに巻き髪をキープ! 雨や湿気の多い日でも巻き髪が続きます。

momo

白華れみさん
女優、元宝塚歌劇団・星組娘役

2003年に第89期生として宝塚歌劇団に入団。5度のヒロイン、2度のエトワールを務めるなど活躍した後、2012年8月に星組公演「ダンサセレナータ/Celebrity
―セレブリティ-」をもって退団。以後、「音楽劇 赤毛のアン」でアン役、ミュージカル座公演「タイムフライス」板岡ひとみ役などを務める。


白華れみオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/remis-style/

Page Top