HOME > ビューティ > ヘアスタイリング剤の上手な使い方1 寝ぐせ直し編

ヘアスタイリング剤の上手な使い方1 寝ぐせ直し編

2017.04.25

朝のヘアスタイリングは、目的や状態に合わせたヘアスタイリング剤を上手に使うと手早くキレイに仕上がります。今回から4回にわたり、作りたいヘアスタイルに合わせたヘアスタイリング剤の使い方を紹介します。

髪全体の寝ぐせを直す時はスタイリング剤を使います

朝、起きたら髪がボサボサ…! これをキレイなストレートボブにスタイリングします。まず、髪全体に「サラ トリートメント サラ N」をスプレーして、手でなじませます。

髪の毛束を少しずつ取って、根元から毛先へ向かってストレートアイロンで伸ばしましょう。この時、ストレートアイロンの温度は160℃前後が目安です。

※ヘアアイロンは、低温で素早く巻き終えるのがダメージを最小限に抑えるポイントです。ご自分の髪質・髪の状態と相談して温度を決めてください。

ストレートアイロンで伸ばす時に毛先を内巻きにすると、このようにキレイな内巻きのストレートボブに! 前髪もやや内巻きにすると、より女性らしいシルエットになって軽やかな印象に仕上がります。

ぱっくり割れた前髪を自然な毛流れに整えたい時は水で濡らしましょう

髪の生えぐせで前髪がぱっくり割れてしまう悩みは多くの方が抱えています。

髪の毛流れを根元からきちんと直したい時は、前髪を根元から十分に水で濡らしましょう。分け目部分を中心に水をスプレーして、寝ぐせ部分を指で左右にこするようにしてなじませます。

ドライヤーを左右から当てるのがポイント! まず、前髪を流したい方向と逆方向にドライヤーを当てます。

次に、前髪を流したい方向にドライヤーを当ててください。

仕上げにドライヤーを冷風に切り替えて形を整えると、ふんわり立ち上がった前髪がキープできます。 ばっくり分かれた前髪を額に下ろしたい時も、同様に根元から十分に水で濡らしてこするようになじませ、ドライヤーを上から当てながら乾かしてください。

寝ぐせを直したい時は、思い切って濡らしてしまうのが手早く直すコツです。スタイリング剤は目的に合ったものを使ってくださいね。

モデル/柳沼陽菜、風凛水花
監修/カネボウ化粧品 美容研究所

今回使用したスタイリング剤

サラ トリートメント サラ水N(サラの香り)
250mL 780円(税抜)

寝ぐせ・傷んでパサつき広がる髪も、美容液オイル配合でトリートメントしながらスタイリングできます。
商品の詳しい情報は公式サイトをご覧ください。 http://www.sala-sala.jp

この記事をシェアする

「ヘアスタイリング剤の使い方」シリーズ

関連記事

カネボウ化粧品