HOME > クラフト > 美夢ひまりさんの手作りウェディング小物2 ヘッドドレス

美夢ひまりさんの手作りウェディング小物2 ヘッドドレス

2017.04.18

ウェディング用の髪飾りは、自分で作れば大きさもイメージもドレスやヘアスタイルにぴったりのものができます。今回はリボンワークなどの講師として活躍する美夢ひまりさんにヘッドドレスの作り方を教えてもらいます。

2色のパールでヘッドドレスを作りましょう!

材料

  • アルミワイヤー(2㎜)…約3m
  • カラーワイヤー(ゴールドまたはシルバー #31号)…約6m
  • フローラテープ(白)
  • 白いサテンリボン(9㎜幅)…約4m
  • パール(5㎜玉・糸でつながったもの)白、ピンク…それぞれ約120㎝分
  • 両面テープ(7㎜幅)
  • コームピン(5本足)…2個
  • モチーフパーツ(お好みで)…1個
  • ペンチ、はさみ、縫い針と糸、接着剤(手芸用)

作り方

まず、ヘッドドレスの土台を作ります。アルミワイヤーにフローラテープを巻き付けていきましょう。

フローラテープを巻いたアルミワイヤーを曲げて、ヘッドドレスの土台を作ります。つなぎ目はフローラテープを巻いて留めてください。大きさと形はお好みでOKですが、今回作った 土台の型紙はこちらからダウンロード できます。

ヘッドドレスの土台は写真のようになります。上に飾りを付けるので、きれいな形にできなくても大丈夫です。

土台に取り付けるパールの飾りを作ります。まず、65~70㎝の長さに切ったサテンリボンに両面テープを貼ってください。

サテンリボンに貼った両面テープをはがしながら、40㎝くらいの長さに切ったアルミワイヤーに巻き付けていきます。

サテンリボンを巻いたアルミワイヤーに、糸でつながったパールをカラーワイヤーで巻いて留めていきます。

パールを巻き付けたアルミワイヤーを曲げて飾りを作ります。4~6の方法で白いパール・ピンクのパールの飾りをそれぞれ3個ずつ作ってください。飾りの形はお好みでOKですが、今回作った 飾りの型紙はこちらからダウンロード できます。

白いパール、ピンクのパールで作った飾りは写真のようになります。

土台にパールの飾りをカラーワイヤーで留めていきます。

10 白いパール、ピンクのパールの飾りを2個ずつ、バランスよく留めると写真のようになります。ワイヤーを曲げて形を調整しながら留めてくださいね。

11 さらに、白いパールとピンクのパールの飾りを1個ずつ10の上に重ねるように留めます。

12 お好みでモチーフパーツを接着剤で貼ってください。

13 ヘッドドレスの内側にコームピンを糸で留め付けます。写真のように、左右に付けてくださいね。

14 ウェディングドレスにぴったりのヘッドドレスが出来上がりました! 2色のパールを使っているので奥行きが出て、清楚でありながらゴージャスな雰囲気です。

「宝塚歌劇の娘役は自分で舞台用のアクセサリーを作っています。私も現役時代は同様の方法で髪飾りを作っていました。公演ごとに、衣装に合わせて作っていたんですよ! 今回はウェディングドレスに合わせてパールを使いましたが、スパンコールテープやダイヤテープでも作ることができます。パーティドレスにも合わせられるので、皆さんも作ってみてくださいね」(美夢ひまりさん)。

監修 美夢ひまりさん

元宝塚歌劇団・月組娘役。2011年に退団し、現在はタレントとしてメディアで活動する他、LaCheRIBBON・Ruban de L’etoile・Ruffle Handle by Le Bonheurのリボンワーク認定講師、RoseCoail のウエットティッシュケース認定講師としてディプロマレッスンを随時開講している。

美夢ひまりオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/miyume-himari
シンクバンク:http://www.thinkbank.jp

この記事をシェアする

「手作りウェディング小物」シリーズ

関連記事

カネボウ化粧品