HOME > ビューティ > 元タカラジェンヌ娘役・四方花林さんのヘアアレンジ1

元タカラジェンヌ娘役・四方花林さんのヘアアレンジ1

2016.10.25

宝塚歌劇の娘役は誰でもヘアアレンジのエキスパート。今回から4回にわたり、写真家としてベルリンで活躍している元タカラジェンヌ娘役の四方花林(しかたかりん)さんにショートボブのヘアアレンジを教えてもらいます。

ちょっとした工夫を知っていれば、ショートヘアでもおしゃれにアレンジできちゃいます!

ショートボブの三つ編みハーフアップ

両サイドの耳上の髪をとって、ゴムで結びます。顔の横の髪は少し残しておいてくださいね。

片方ずつゴムを取って三つ編みにし、毛先をゴムで結びます。三つ編みは上に持ち上げながら編んで行くのがコツです。

両サイドの三つ編みができたら、指で髪を少しずつつまんで引っ張り出し、ラフな感じに崩しましょう。

右の三つ編みを左に持っていき、アメリカピンで落ちないように留めます。この時、毛先は左の三つ編みの下に隠れる位置で留めてくださいね。

次に、左の三つ編みを右に持っていき、右の三つ編みと頭頂部でクロスさせるようにしてアメリカピンで固定します。毛先は右側の三つ編みの下に隠して留めましょう。

両サイドの三つ編みに飾り用のピン(今回はゴールドのアメリカピンを使用)を3~4本ずつラフに留めます。アメリカピンはクロスさせるように留めるとキュート!

顔の横とサイドの髪をアイロンで内巻きに巻きます。

ラフな毛流れに整えるワックスを毛先全体にもみこむようにつけたら完成です。

頭頂部の三つ編みがポイントになった、可愛いハーフアップスタイル。簡単にできるので、普段は髪をおろしたままのボブの方はぜひ試してみてくださいね。

今回使用したヘアスタイリング剤はこちら

SALA ムービングアレンジワックス
>>詳しくはこちらをご覧ください

四方花林さん(元宝塚歌劇・星組娘役)

宝塚歌劇団94期生(芸名・ひなたの花梨)。入団した2008年に「ME AND MY GIRL」で初舞台を踏み、娘役として数々の作品に出演した後、2012年「ダンサ・セレナータ/Celebrity-セレブリティ-」をもって退団。その後、ロンドンの美術大学で写真やグラフィックデザインを学び、現在はドイツ・ベルリンを拠点に写真家として活動している。

四方花林 公式ホームページ http://shikatakarin.photography/
四方花林 インスタグラム @karinkamera

この記事をシェアする

「四方花林さんのヘアアレンジ」シリーズ

関連記事

カネボウ化粧品