HOME > ビューティ > 保湿ケアと頭皮マッサージで冬も美しい髪に!

保湿ケアと頭皮マッサージで冬も美しい髪に!

2016.01.28

冬は気温、湿度ともに1年の中で最も低くなり、室内も暖房がしっかり効いているので、肌だけでなく髪も乾燥します。また、冬は寒さで頭皮の血行が滞りがちな季節。今回は、カネボウ化粧品でヘアケアブランド・リクイールの美髪情報開発を担当している鈴木佐恵子が、冬にオススメのヘアケア方法をご紹介します。

健康な頭皮と髪の関係

健康な頭皮の色は青白く、厚みがあって柔らかいもの。頭皮は顔の筋肉とつながっているため、本来は額に近い柔らかさです。指先を額に当てて動かし、その柔らかさを覚えておきましょう。次に、指を頭皮に当てて動かしてみてください。これで頭皮の適切な柔らかさを簡単に知ることができます。頭皮が額よりかなり硬い場合は、これから紹介する頭皮マッサージを始めてみてください。
毛根にある毛母細胞は、髪を作り出し、育てるために分裂を繰り返しています。この毛母細胞に酸素や栄養を運ぶのは、頭皮の毛細血管です。寒さやストレスなどで血流が滞ると、毛母細胞に栄養が十分に運ばれません。きちんと栄養が届けられた毛母細胞は、健康な髪を育むことができます。艶やかでなめらかな美しい髪を育くむため、頭皮の健康はとても大切です。

冬のヘアケアはどうすればいいの?

冬の髪は、乾燥した外気や暖房による室内乾燥などで、肌と同じように乾燥しています。そんな冬の髪に必要なのは十分な保湿です。ツヤとうるおい感を与える効果があるグローヘアスプレー、ヘアクリーム、ヘアオイルなどの保湿アイテムを、普段のケアに1品プラスしてください。

髪の保湿アイテムは髪表面をヴェールで覆い、保護する働きもしてくれます。

頭皮マッサージはどうすればいいの?

マッサージを始める前に、頭皮用美容液を頭皮全体になじませておきましょう。これからご紹介する4つのステップで、約1分かけてマッサージします。
※洗髪後に髪をドライヤーで乾かした後が、頭皮マッサージをするのに最適なタイミングです。

STEP1 さする

両手の指の腹で、髪の生え際から頭頂部に向かってさすります。これを2~3回繰り返してください。

STEP2 もむ

両手の指の腹で、髪の生え際から頭頂部に向かってもみ上げます。この時、指を頭皮から離さないようにするのがコツです。これを5回繰り返してください。

STEP3 タッピング

頭皮全体を両手の指の腹でつまむようにして弾みをつけ、指をパッと離します。まんべんなく、タッピングしてくださいね。

STEP4 押す・圧迫

①頭頂部のほぼ中央(左右の耳の上から上がった線と、眉間の中央から真っ直ぐ上がった線が交差する点)に両手の中指を重ね、1・2・3とカウントしながら押して4で離します。

②後頭部の生え際で、2本の太い筋肉のすぐ外側のくぼみに両手の親指を当て、1・2・3とカウントしながら押して4で離します。

③こめかみに両手を当てたまま、てのひらから指先へと力を入れて、頭皮を持ち上げるように圧迫します。これを10回繰り返してください。

これで頭皮マッサージは終了です。手の動きを覚えてしまえば、とても簡単ですよ。
頭皮マッサージと髪の保湿で、冬の間も健康な頭皮と美しい髪をキープしてくださいね!

今回ご紹介したヘアケアにオススメのアイテムはこちらです。

●乾燥などから髪を守り、ツヤとうるおいを与えるヘア用保湿アイテム

左から
リクイール グローヘアスプレー 110g 1,800円(税抜)
髪表面にツヤのヴェールを形成して輝きのあるツヤを与え、うるおい感あるすこやかな髪に仕上げます。

リクイール グローヘアクリーム 180ml 2,000円(税抜)
さらりとした感触でみずみずしいツヤを与え、乾燥ダメージを受けた髪を補修します。

リクイール グローヘアオイル 60ml 2,500円(税抜)
ベタつきのない軽いつけ心地で髪になじんで自然なツヤとまとまりを与え、乾燥ダメージを受けた髪を補修します。

●マッサージに使う頭皮美容液

リクイール スカルプトリートメント セラム 80g 3,500円(税抜)
皮膚科学に基づき、頭皮にアプローチ。とろみのある感触で、頭皮にうるおいと弾力感のあるハリを与えます。

※表示価格は、メーカー希望小売価格です。
リクイールの詳しい商品情報はこちらです。http://www.lequil.jp

監修 鈴木佐恵子

カネボウ化粧品 マーケティング部門 カウンセリングブランドグループ マネージャー。
ヘアケアブランド・リクイールの美髪情報開発を担当。毛髪診断士をはじめ、アロマセラピストなど美容と健康に関する資格を18種以上もつ、美のエキスパート。

この記事をシェアする

関連記事

カネボウ化粧品