HOME > ビューティ > 2017-2018冬のセルフネイルアート4<ブランケット>

2017-2018冬のセルフネイルアート4<ブランケット>

2018.01.12

人気ネイリスト、高橋春奈さんが紹介する冬のネイルアートシリーズの最終回は、ほっこり温かみあるブランケット風デザインです。かすれた風合いはスポンジを使って簡単に出せるのでトライしてみてくださいね!

スポンジで作るブランケット風が可愛い

※プロセスはすべて爪の先端が下、生え際が上になっています

まず、すべての爪にベースコートを塗り、親指と薬指の爪にホワイトのネイル(コフレドール グロスアップネイルカラー WT-20)を2度塗りします。

小さく折ったスポンジ(台所用スポンジなどでOK)にブラウンのネイル(ルナソル ネイルフィニッシュN 12)をつけ、爪のサイドと中央より先端側にポンポンと置くようにクロスを描きます。ラインが歪んだらで塗ったホワイトのネイルを重ねて修整しましょう。

ピンクのネイル(ケイト ネイルエナメルカラー PK-2)を折ったスポンジにつけて、爪の逆サイドと中央より生え際側にクロスを描きます。

スポンジで描いたクロスの上に、と同じブラウンのネイルでラインを描きます。筆先をボトルの口でしごいて、ごく細く描きましょう。かすれたり歪んだりしても、それがブランケット風になるので気にしないで!

中指と小指の爪には淡いピンクのネイル(コフレドール グロスアップネイルカラー PK-163) を2度塗りし、爪の生え際中央にゴールドのスタッズを乗せます。

人差し指の爪はゴールドパールのネイル(ルナソル ネイルフィニッシュN 06)を2度塗りするだけでOK。

すべての爪にネイルアートができたら、トップコートを重ねて完成! ブランケットのデザインにした親指と薬指の爪にはマットな質感のトップコート(ケイト トップコート 02)を重ねて温かみある風合いを出しましょう。

マットな質感で温かみを出すブランケット風と、ツヤやかなピンク&ゴールドの組み合わせ。ブランケット風のネイルを2本だけポイントにするのが全体をオシャレに見せるコツです。

今回使用したネイルの情報はこちら
>ケイト ネイルエナメルカラー
>コフレドール ネイルカラー
>ルナソル ネイルカラー

イラスト/園田レナ

監修 高橋春菜さん

ネイリスト・アイリスト
トータルビューティサロン「プリムヴェール」代表。JNEC1級・JNAジェル上級・美容師・サンシャインベビーエデュケーターの資格を持つ。

プリムヴェール http://www.primenail.com/
東京都世田谷区太子堂2-23-5 2F TEL:03-6659-4129

この記事をシェアする

「2017-2018冬のセルフネイルアート」シリーズ

関連記事

カネボウ化粧品