HOME > ボディ > 経絡整体師・朝井麗華さんの美容法2<呼吸とツボ刺激でリフレッシュ>

経絡整体師・朝井麗華さんの美容法2<呼吸とツボ刺激でリフレッシュ>

2017.12.15

「経絡整体師・朝井麗華さんの美容法」の2回目は、疲れを感じたりイライラした気持ちになった時のリフレッシュ法を紹介します。簡単にできるので実践してみてください!

気持ちを落ち着かせる呼吸法“麗華ブレス”

「首や肩、背中が凝っていると“気”が頭に溜まってイライラしやすくなることが。そんな時は、おへその下にあるツボ“丹田”に“気”を落としてスムーズに巡らせる呼吸法を試してみてください」(朝井麗華さん)。

※中医学では、人間は3大エネルギー「気・血・水」で成り立っていると考えられています。ここでいう“気”とはスピリチュアルをイメージする類のものではなく、誰しもがもつ“生命エネルギー”のことをいいます。「元気」「気力」の気であり、体を代謝させるエネルギーや神経機能のことを指す場合もあります。

足を肩幅に開いて立ち、全身の力を抜きます。

おへそを両手で囲むと、指先がおへそから指4分下の位置にある“丹田”に当たります。ここに“気”が集まるように意識しながら、鼻から大きく息を吸いましょう。この時、おへそからたくさんの新鮮な空気と良い“気”を取り込むことをイメージしてくださいね。

次に、体の中が空になることを意識しながら、口からゆっくりと息を吐きます。この時は、ストレスや悪い“気”が出ていくことをイメージしましょう。これを3~8回繰り返します。

頭が凝った時の“側頭筋ほぐし”

「頭や顎の関節に疲れを感じた時は、側頭筋に握りこぶしを当ててグリグリ回すと緩和されます。仕事中でも簡単にできるのでオススメです」(朝井さん)。

握りこぶしを作って、指の第二関節の骨を耳の真上に位置する側頭筋に当てます(奥歯を噛みしめるとピクピク動く部分)。そのまま握りこぶしにグッと圧をかけて後ろ回りに回しましょう。頭皮と関節が一緒に動くように意識するのがポイントです。

頭のツボを簡単に刺激できる“髪つかみ”

「頭は多くのツボが集中的に存在する部分。髪をつかんで引っ張ると、これらを広範囲で簡単に刺激することができます。頭の凝りを感じた時にオススメの方法です」(朝井さん)。

髪の生え際から両手を頭皮に沿わせるように差し込み、軽く手を握ります。頭皮に沿わせて入れた手を浮かせると髪の毛を引っ張ってしまうので注意してください。痛すぎない力加減で1箇所5秒くらいずつ、頭全体に行いましょう。

イライラした気持ちを鎮める足裏プッシュ

「足裏には全身に関連する反射区があります。頭が疲れたりイライラした時は、上で紹介した“側頭筋ほぐし”とセットで足裏の反射区を刺激するのがオススメ。偏った“気”を全身に巡らせることができます。寝る前は、ぜひセットで行ってみてください」(朝井さん)。

まず、足裏のふっくらした部分の下にあるくぼみ“湧泉”を重ねた親指で10秒くらい押します。ここは足裏の反射区の中でも重要な部分です。

次に、指を“湧泉”から内くるぶしのすぐ下のくぼみに向かって5回、「J」の字を書くように動かした後、くぼみを10秒くらい押します。さらに5回、踵のふくらみをなぞりながら内くるぶしとアキレス腱のあいだのくぼみへ動かしてください。指を動かす時は軽く圧をかけながら“流す”イメージで行うのがポイントです。

簡単にできる呼吸法やツボ刺激を心身のリフレッシュに役立ててくださいね!

coming soon「経絡整体師・朝井麗華さんの美容法3」は、お風呂上りに15秒で行うボディオイルの塗り方を紹介します。

監修 朝井麗華さん(経絡整体師・美容家)

株式会社キレイカンパニー代表。
臨床検査業界を経て、アロマセラピーや東洋医学を学び、中国整体推拿(スイナ)療法の素晴らしさに目覚め、推拿をベースに小顔整体や筋膜剥離などを取り込んだオリジナルメソッドを確立。現在は独自のメソッドを紹介する著作活動やメディア出演、バストを美しく保つためのスポーツブラ、美容ゼリー開発など多方面で活躍中。8万部ベストセラーとなった「おっぱい番長の乳トレ」(講談社)をはじめ著書多数。
経絡整体師/美容家 朝井麗華公式サイト:http://www.reika-asai.com/

朝井麗華さんのメソッドをもっと詳しく知りたい方はこちらの著書をチェック。「水毒を溜めない人は美しい」(大和書房)。

この記事をシェアする

「経絡整体師・朝井麗華さんの美容法」シリーズ

関連記事

カネボウ化粧品