HOME > ライフスタイル > プリザーブドフラワーで作る年末年始のアレンジメント1

プリザーブドフラワーで作る年末年始のアレンジメント1

2017.11.28

生花や葉を特殊加工したプリザーブドフラワーは、枯れる心配もなく美しいまま長期間お部屋に飾れることが利点。今回から3回シリーズで、簡単に作ることができるアレンジメントをフラワーアーティストの青木恵さんに教えてもらいます。

1回目は可愛いミニクリスマスツリーの作り方です。

ミニクリスマスツリーの作り方

材料

  • 好みの植木鉢(小)…1個
  • ドライフォーム…適量
  • プリザーブドフラワー(ローズ・白)…大1輪・小2輪
  • プリザーブドリーフ(ヒムロスギ)…5枝
  • 好みのリボン…約60cm
  • ワイヤー(#24)…45cm×2本
  • ワイヤー(#26)…45cm×1本

作り方 

ドライフォームを植木鉢の大きさに合わせてカッターで切り、中にセットします。

ワイヤー(#24)を1/3の長さに切り、プリザーブドリーフ(ヒムロスギ)に取り付けます。2つ折りにしたワイヤーを枝の部分に当て、片方のワイヤーで巻き付けるようにしてください。

大小のプリザーブドフラワー(ローズ)3輪にもワイヤーを取り付けます。1/3に切ったワイヤー(#26)を花の下部に刺して2つ折りにし、ひねっておきましょう。

リボンはリボン結びにして、結び目に1/3に切ったワイヤー(#24)を通し、2つ折りにしてひねっておきます。

ヒムロスギ5本をバランスよくドライフォームに刺します。長いものを後ろに、短いものを手前にして放射状に配置するとキレイ。クリスマスツリーの形をイメージしてくださいね。

ローズをドライフォームに刺しましょう。ヒムロスギの手前に大きなローズ1輪を先に刺し、小さなローズ2輪を横に並べるように刺すとバランスよく配置できます。

ローズのサイドにリボンを刺したら出来上がりです!

赤いリボンがアクセントになった可愛いミニクリスマスツリー。テーブルや窓辺に置くとステキです。

クリスマスを迎えるこのシーズン、お部屋にクリスマスツリーがあると気分が上がりますよ!

監修 青木恵さん

サロンドフルールイコア主宰。日本で初めての天然植物香料に特化したパフュームクチュリエール(アロマ調香師)、プリザーブドアロマフラワーアーティストとして活躍。サロンでは1998年の創業以来1000人以上に資格認定を行っている。現在は企業のコンサルティングや商品、店舗とのコラボレート、ブランディングを中心に活動中。

サロンドフルールイコア 公式ホームページ http://www.ikoa-f.com/

著書は「香りのプリザーブドフラワーで楽しむ12カ月」(角川SSCムック)など5冊。

この記事をシェアする

「プリザーブドフラワー アレンジメント」シリーズ

関連記事

カネボウ化粧品