HOME > ライフスタイル > シューズの上手な選び方3<ブーツ編>

シューズの上手な選び方3<ブーツ編>

2017.11.07

冬の足もとファッションに欠かせないのがブーツ! 「シューズの上手な選び方」の3回目は、ブーツの選び方を銀座ワシントン シューフィッターの勝野美紀さんに教えてもらいます。

ブーツ選びはパンプス+αのチェックポイントがあります!

「ブーツをフィッティングする時にチェックする足の幅やつま先、かかとのフィット感は、基本的にパンプスを選ぶ時の7つのポイントと同じです。その他に、ショートブーツを選ぶ時は、足首に程よいゆとりがあるかどうかを確認しましょう。フィッティングした時に、しゃがんでみるとわかります」(勝野美紀さん)。

ショートブーツ25,000円(ワシントン)

●ロングブーツ選びのチェックポイント

「ロングブーツは筒のフィット感をチェックします。椅子に座ってみて、足の履き口の後ろ側が当たったり食い込んでいないことを確認しましょう。また、足首のフィット感とくるぶしが当たらないかどうかを、しゃがんでみてチェックしてください」(勝野さん)。

ロングブーツ28,000円(ワシントン)

今シーズン人気なのはショートブーツ!

「ロングスカートやワイドパンツが流行している今年の秋冬は、合わせやすいショートブーツが主流。写真右のようなポインテッドトゥのショートブーツは足もとをすっきりと見せてくれます」(勝野さん)。

左・25,000円、右・24,000円(共に、ワシントン)

「今年の秋冬、シューズのトレンドカラーはボルドーです。いつもブラックやブラウンを履いている方も、2足目はボルドーがおすすめ。ファッション全体をモノトーンにして足元のボルドーをポイントにするとトレンド感が上がります。」(勝野さん)。

左・24,000円、右・24,000円(共に、ワシントン)

「デイリーに履くラクちんなショートブーツを選びたい方はこちらのタイプを。サイドゴア付きのショートブーツ(左)は着脱が簡単なので、出先でシューズを脱ぐ機会がある方に便利。太めのスタックヒールのショートブーツ(右)は長時間履いても疲れにくいのがポイントです」(勝野さん)。

左・23,000円、右・25,000円(共に、ワシントン)

モデル/桜帆ゆかり

監修 勝野美紀さん

銀座ワシントン銀座本店 レディスフロア
サービスマネージャー・シューフィッター
靴に携わり19年目。2008年にワシントン靴店に入社。WASH浦和パルコ店で店長経験しその後、銀座ワシントン銀座本店レディスフロアサービスマネジャーを務める。靴は元々好きで靴業界へ、休日は靴屋巡りが趣味。

問い合わせ先:銀座ワシントン銀座本店
中央区銀座5-7-7 B1F レディスフロア TEL:03-3572-5911

この記事をシェアする

「シューズの上手な選び方」シリーズ

関連記事

カネボウ化粧品