HOME > フード・レシピ > パーティーの持ち寄り料理 フィンガーフード1 野菜のピンチョス

パーティーの持ち寄り料理 フィンガーフード1 野菜のピンチョス

2017.09.22

持ち寄り制のホームパーティーではホストがキッチンを使っている場合が多いもの。そんな時に喜ばれるのが、温めることなく食べられるフィンガーフードです。今回は、簡単に作ることができて、テーブルを彩りよくしてくれるピンチョスの作り方をフードコーディネーターの柳瀬真澄さんに教えてもらいます。

野菜のピンチョス&ディップ

材料 各5本分

  • A:じゃがいも…1個、にんじん…1/3本、きゅうり…1/2本
  • B:チーズ…約40g、かぼちゃ…小1/4、ミニトマト…5個

オーロラディップ

  • トマトケチャップ…大さじ2
  • バルサミコ酢…小さじ1
  • マヨネーズ…大さじ1
  • 塩・こしょう…少々

ハーブマヨネーズディップ

  • マヨネーズ…大さじ2
  • パセリのみじん切り…大さじ1
  • 粒マスタード…小さじ1
  • 白ワインビネガー…小さじ1
  • 塩・こしょう…少々

作り方

  • じゃがいもとにんじんは2㎝角の立方体に切り、じゃがいもは水にさらしておきます。きゅうりは厚さ1㎝の輪切りにし、プチトマトはヘタを取ってください。

  • かぼちゃは丸い抜型で、チーズは花形の抜型でそれぞれ抜きます。

  • 立方体に切ったじゃがいも、かぼちゃ、抜型で抜いたにんじんは固めに塩茹でします。

  • Aのピンチョスはきゅうり、じゃがいも、にんじんの順に積み重ねて串を刺します。Bのピンチョスはチーズ、かぼちゃ、ミニトマトの順に積み重ねて串に刺しましょう。

  • ディップを作ります。オーロラディップはトマトケチャップ、バルサミコ酢、マヨネーズ、塩・こしょうをボウルに入れてスプーンでよく混ぜ合わせます。
    ハーブマヨネーズディップはマヨネーズ、パセリのみじん切り、粒マスタード、白ワインビネガー、塩・こしょうを同様によく混ぜ合わせてください。

ピンチョスとディップをそれぞれ容器に入れて、パーティー会場へ持って行きましょう! 到着してすぐに食べられるのでとても重宝なメニューですよ。

監修 柳瀬真澄さん

フードコーディネーター・料理研究家
(株)サンリオにてキャラクターデザイナーとして勤務しながら家庭料理を学ぶ。退職後に料理教室「SUZU COOKING SALON」を主宰する傍ら、「ABCクッキングスタジオ」で講師を務める。現在は同サロンで料理教室を行うほか、「食」をデザインするフードコーディネーターとしても活動中。見た目も楽しく、美味しいレシピに定評がある。
柳瀬真澄・公式ホームページ:http://www.foodcreator.jp/

毎日の食卓に役立つ美味しいレシピが満載の著書、「極上ハンバーグと絶品オムライス」(日東書院本社)好評発売中。

この記事をシェアする

「パーティーの持ち寄り料理」シリーズ

関連記事

カネボウ化粧品