HOME > クラフト > ハワイ柄コットンで作るアロハウサギのバッグチャーム(型紙付き)

ハワイ柄コットンで作るアロハウサギのバッグチャーム(型紙付き)

2017.07.25

常夏気分で楽しめるハワイ柄コットンの動物は愛嬌たっぷりの可愛さ! 今回はALOHA BEAR®作家のMAKIさんに、初心者でもトライできるウサギのバッグチャームの作り方を紹介してもらいます。

アロハウサギのバッグチャームの作り方

材料

  • ハワイ柄コットン…25×15㎝くらい ※柄の配置によって変わります。
  • ムラ染めコットン…13×8㎝
  • 綿…約10g
  • 麻ひも…5㎝
  • 毛糸(首輪用)…約15㎝ ※リボンなどお好みのものでOK
  • 4つ穴ボタン(10㎜)…4個
  • 丸カン(8㎜)…1個
  • バッグチャームパーツ…1個
  • 型紙…ダウンロードはこちら(A4版1枚)
  • クリアファイル(型紙用)

その他、用意するもの

  • 縫い針、ぬいぐるみ針(7.5㎝)、待ち針、縫い糸、刺繍糸(黒)、油性ペン、カリスマ鉛筆またはチャコペンシル、はさみ、ピンセット

作り方

ダウンロードした型紙にクリアファイルを重ねて油性ペンでなぞり (写真左)、ラインに沿ってはさみで切り抜いてください(写真右)。これをコットンに重ねる型紙として使います。

胴体、耳、腕、脚の型紙を縦目になるようにハワイ柄のコットンに乗せ、型紙に記載されている枚数分チャコペンシルで型紙のラインを書きます。
この時、まずウサギの前面に出したい柄を考えて型紙をコットンに乗せ、残りのコットンに裏側の型紙を乗せてラインを書いてくださいね。頭の型紙はムラ染めコットンに乗せて、同様にラインを書きましょう。
すべての型紙をコットンに書き写したら、周囲5㎜の縫い代ラインを書いておくと失敗することがありません。

縫い代ラインに沿って、コットンを切ります。ハワイ柄のコットンは前面と裏面を間違えやすいので、写真右のように2枚を中表に重ねて配置をチェックしてください。続いて、点線の部分を縫います。

ハワイ柄コットンの各パーツを待ち針で留め、出来上がりラインを細かい並縫いで縫っていきます。胴体は首ラインと脚をつける下のラインを残して、写真の点線分を縫ってください。耳、腕、脚は、綿を入れる部分を残して縫います。

すべてのパーツを縫い終わったら、脚のパーツを表に返します。ピンセットを差し込んで内側をつまみ、引っ張り出すと簡単にできます。

脚のパーツに綿を詰めます。ピンセットを使うと先端まで詰めやすいのでオススメです。

脚のパーツを中表になったままの胴体下に差し込み(写真の細点線部分)、出来上がりラインの印に合わせて待ち針で留めます。この時も、前面と裏面を確認してから行ってください。脚がずれないように留めたら胴体の下ライン(写真の太点線)を返し縫いでしっかり縫い、縫い代の角を切り落とします。

胴体を表に返し、綿を詰めます。

頭のムラ染めコットンは中表に合わせたら、バッグチャームパーツを付けるための麻ひもを丸カンに通し、写真左のようにはさんで出来上がりライン(右写真の点線)を並縫いします。この時、麻ひもの部分は強度を増すため返し縫いしてください。麻ひもは輪にして縫い留めておくと、ずれることなくきれいに付けられますよ。

耳、腕、頭は綿をつめて、綿の入れ口をまつり縫いします。これで各パーツは写真のようになります!

耳をコの字とじで頭に縫い付けます。前面と裏面を一周させるように縫ってください。

ウサギの顔を作ります。目になるボタンの付け位置は表情を左右する大切なポイント。あらかじめ、付け位置に置いて待ち針で留めてみましょう。
目と目は離して配置すると、可愛くなります。口は鉛筆などでクロスを描いておいてくださいね。
付け位置を決めたら顎下部分に針を刺して刺繍糸で片方のボタンを縫い付け、続けて口を鉛筆のラインに沿って縫います。そのまま続けてもう片方のボタンを縫い付け、顎下部分から針を出して玉留めをして、刺繍糸を切ってください。

頭と胴体をコの字とじで縫い付けます。耳と同様、前面と裏面を一周させて縫い留めましょう。

腕は動かせるように、ボタンを使って胴体に縫い付けます。ボタン→腕→胴体→腕→ボタンとぬいぐるみ針を貫通させて3往復し、左右の腕を同時に縫い付けてください。

ウサギの首に毛糸を巻いて結び、首飾りにします。

頭につけた麻ひもの先の丸カンにバッグチャームパーツをつないだら完成です!

お好みの色や柄でオリジナルのバッグチャーム作りにトライしてみてくださいね。

※ALOHA BEAR® は商標登録済です。
※このページでダウンロードできる型紙の著作権は、ALOHA BEAR®作家MAKI に帰属します。印刷用型紙データや印刷した型紙の無許諾での再配布、この型紙を使って製作したうさぎを販売するなど商用に使用することは禁止されています。個人で楽しむなど、著作権法で認められている私的複製等の範囲でご利用ください。

監修 MAKIさん

ALOHA BEAR®作家。1995年よりテディベアを作り始め、テディベアコンベンションやテディベアフェスティバルに出展。2007年にハワイアン柄のコットンを使ったテディベア作りを開始し、“ALOHA BEAR® ”として商標を登録する。現在は教室を主宰し、ワークショップからマスターコースまで幅広いレッスンを開講中。

“ALOHA BEAR® ”公式ホームページ http://alohabear.jp/
MAKI公式ブログ https://ameblo.jp/bearkids/

この記事をシェアする

「ハワイ柄コットンで動物を作ろう!」シリーズ

関連記事

カネボウ化粧品