HOME > クラフト > “おゆまる”で作るアクセサリー1 パイナップルのピアス&ネックレス

“おゆまる”で作るアクセサリー1 パイナップルのピアス&ネックレス

2017.07.14

何度でも作り直しができるカラフルな粘土“おゆまる”。今回から3回シリーズで、この粘土を使った可愛いアクセサリー作りを紹介します。教えてくれるのはスイーツデコレーション教室を主宰する関口真優さんです。

“おゆまる”って何?

プラスチック製の粘土で、80℃の湯に入れると柔らかくなり、冷めると固まる特性があります。そのため、何度でもやり直しができるのが利点のひとつ。手芸材料店や100円ショップなどで購入でき、クリアな発色のカラーバリエーションが豊富です。市販の粘土型を使えば、手軽に可愛いアクセサリーパーツを作ることができます。

パイナップルのピアス&ネックレスを作りましょう!

材料

  • おゆまる(イエロー)…1個
  • 粘土型(パイナップル)

ピアス用

  • ヒートン(約1㎝)…2個
  • リング(白 2.5㎝、ピンク4㎝)…各2個
  • 丸カン(1㎝)…2個
  • 丸カン(3㎜)…4個
  • パール付きチェーン…パール2個分 ※つながった状態で売られています。
  • ピアスパーツ…1組

ネックレス用

  • ヒートン(約1.5㎝)…1個
  • 花型パーツ…1個
  • 立体花形パーツ…1個
  • 丸カン(5㎜)…1個
  • ネックレスチェーン(40㎝)…1本

ピアスの作り方

“おゆまる”を80℃以上の湯に入れます。約3分で柔らかくなるので、割り箸などを使って取り出してください。

適量を手でちぎってパイナップルの粘土型に詰めます。

粘土型に詰めたまま、“おゆまる”を水に入れると、すぐに固まります。

“おゆまる”が固まったことを確かめて、粘土型からはずしましょう。同じものを2個作ってピアスのパーツにします。

パイナップルのピアスパーツにヒートンを取り付けます。手でも付けられますが、小さいのでやっとこがあると便利。“おゆまる”は固まってからでもヒートンを取り付けられるので、慌てなくても大丈夫です!

ヒートンの輪にパール付きチェーンを付けて、2種類のリングと共に丸カン(1㎝)に通してください(写真左)。さらに、丸カン(3㎜)2個をつなげ、ピアスパーツを取り付けたら出来上がりです!

ネックレスの作り方

ピアスと同様に“おゆまる”を80℃以上の湯に約3分入れて柔らかくします。湯から取り出したら、楕円形に丸めてパイナップルの形を作ってください。
※今回は1×1.5㎝くらいの大きさで作っています。

ヘラなどを使って、パイナップルパーツの表面に格子状の模様を付けます。“おゆまる”が固まらないうちに付けてくださいね。

ヒートンに花形パーツと立体花形パーツを通し、パイナップルパーツに取り付けてください。

ヒートンの輪に丸カンを付け、ネックレスチェーンを通したら出来上がり!

ペアでつけると可愛さが倍増するパイナップルのピアス&ネックレス。夏のファッションにぴったりですね。

監修 関口真優さん

「Pastel Sweers 関口真優スイーツデコレーションスタジオ」を主宰し、レッスンを行う。台湾やシンガポールに活動の場を広げ、スイーツデコレーションの楽しさを発信中。著書も多数ある。

Pastel Sweets公式ホームページ http://pastelsweets.com/

“おゆまる”の扱い方からスイーツデコレーション、アクセサリーの作り方を多数紹介している。「お湯で柔らかくなる不思議な粘土 おゆまるでスイーツデコ」(大和書房)

この記事をシェアする

「“おゆまる”で作るアクセサリー」シリーズ

関連記事

カネボウ化粧品