HOME > ボディ > 森蓉子さんのバレエエクササイズ3 簡単な全身エクササイズ

森蓉子さんのバレエエクササイズ3 簡単な全身エクササイズ

2017.03.03

森蓉子さんがご紹介するバレエエクササイズの3回目は、いよいよバレエの動きを取り入れていきます。壁や椅子の背などに手を添えて行うので、筋力が弱い方でも大丈夫。気軽に楽しくエクササイズを始めてください。

バーレッスンを行う気分で全身エクササイズ!

このエクササイズは膝の屈伸や、腕・首・そけい部・脇腹のストレッチが組み込まれています。まずは、4拍子ずつカウントを取りながらのそれぞれの動きを覚えてください。慣れてきたら、の基本姿勢からの動きを連続して行ってみてくださいね。音楽に合わせてエクササイズできるようになったら、気分はバレリーナです!

バーの代わりに椅子や壁に手を添え、バレエの基本 “アン・ドゥオール” の姿勢で立ってください。今回は右手を添える形でご紹介します。

“アン・ドゥオール”の姿勢については 森蓉子さんのバレエエクササイズ1 をご覧ください。

両かかとをつけたまま、膝を軽く2回曲げます。膝はつま先と同じ方に向けてくださいね。この動きをバレエで“プリエ”と呼びます。左腕は軽く横に開きましょう。(4拍子)

次に、開いた左腕を下に移動させながら、膝をゆっくりと深く1回曲げ(かかとは床から浮かせるようにします)、の姿勢に戻ります。この動きをバレエで“グランプリエ”と呼びます。(4拍子)

の基本姿勢から、左腕を下にしたまま前かがみになります。脚全体の裏側が伸びるのを意識してください。そのまま左腕を前に伸ばしながら上体を起こし、後ろへ反らしていきます。デコルテが開いていることを意識し、頭頂部が引っ張られるような気持ちで動いてください。(4拍子)

前に伸ばした左腕を大きく回しながら上体を真っ直ぐに起こし、そのまま右脇腹を締めて左脇腹を伸ばします。そのままの基本姿勢に戻ります。(4拍子)

◆森蓉子さんのバレエコラム1・レッスン用の音楽◆

「バレエのレッスン用音楽はさまざまな種類があります。クラシック曲からおなじみのエンターテインメント音楽や宝塚歌劇でも知られている曲が入ったCDもあるので、お好みのレッスンCDを探してみてください。好きな曲に合わせてエクササイズすれば、きっと楽しく続けることができますよ」(森蓉子さん)。

監修 森蓉子さん(モデル・バレエ講師)

バレエ教師の母を持ち、幼少からバレエを始める。2006年に第92期生として宝塚歌劇団に入団。日高大地の名前で花組の男役として「ファントム」、「外伝ベルサイユのばら-アラン編―」、「ミーアンドマイガール」などに出演する。2013年「愛と革命の詩―アンドレア・シェニエ/Mr.Swing!」をもって退団。現在はモデルとして活動しながらバレエ講師を務めている。

サトルジャパン:http://www.satorujapan.co.jp

窪内絹子モダンバレエスタジオ:https://kinukoballet.jimdo.com

この記事をシェアする

「バレエエクササイズ」シリーズ

関連記事

カネボウ化粧品