HOME > ライフスタイル > プチプラ&キュートなフラワーアレンジメント

プチプラ&キュートなフラワーアレンジメント

2016.10.28

お部屋をいつも可愛いお花で飾ると素敵ですね。今回はスーパーマーケットなどで売っているお花と100円ショップやホームセンターなどで手に入るグッズを使って作る、プチプラ&キュートなフラワーアレンジメントをご紹介します。

材料は気軽に手に入るものばかりです!

材料

お好みの生花…6~7輪 ※スーパーマーケットなどで1~2輪ずつ売っているものでOK。今回はバラ3輪、カーネーション2輪、ガーベラ2輪を使用しています。
※生花を包んであるセロファンは後で使用するので取っておきます。
ペットボトル…350mlサイズ1本
ミニバケツなど、お好みの容器 ※木や紙製の箱などでもOK
お好みのペーパー…容器の大きさに合わせたもの1~2枚
リボン…容器に巻いて結べる長さ。麻ひもなどでもOK
生花を結ぶヒモや輪ゴムなど(写真外)
マジックペン(写真外)
※ミニバケツ以下、使用したグッズはすべて100円ショップやホームセンターで購入できます。

作り方

生花を入れるペットボトルを、ミニバケツの高さより少し低くなるように切ります。写真のようにマジックペンなどで印をつけてから切ると失敗しません。ペットボトルの切り口で手を傷つけないように気をつけてくださいね。

生花の茎の葉は水につかると腐りやすいので取ります。

メインにしたい生花を中心にし、周囲に他の生花をバランスよく組み合わせます。周囲の生花はメインの生花よりも少し低めにして、やや丸い感じにまとめるのがコツです。

生花を組み合わせたら、崩れないように花より指2本分下をヒモや輪ゴムなどで結んで花束にしておきましょう。

先ほどハサミで切ったペットボトルをミニバケツにセットし、周囲に生花を包んであったセロファンを詰めて固定します。

ミニバケツの高さに合わせて、花束の茎を切ります。茎が短くても花の寿命は変わりません!

ペットボトルに半分くらいの水を入れ、花束を挿します。

ミニバケツのままでもOKですが、今回はペーパーで包んでリボンで結びました。こうするとグンとオシャレ感が増しますね!

テーブルや棚などに飾るのにピッタリな可愛いフラワーアレンジメントができました!

お金をかけなくても生花を素敵にアレンジすることができるので、自分なりに工夫してトライしてくださいね。

監修 中島有理子さん

ブランシュ代表
2000年10月にフラワーデザインを主とした、デザイン&空間プロデュース会社「ブランシュ」を設立。2001年4月よりニューヨークに活動の場を広げ、カーネギーホール、メトロポリタン美術館、プラザホテルなど多数の有名施設やトニー賞のパーティ、ウエディングなどに携わる。多数の企業と契約し、花を中心とした商品の開発、ガーデンデザインやコンサルティング、パーティプランニングなどを幅広く手がけている。

ブランシュ:http://blanche.jp/index.html

この記事をシェアする

関連記事

カネボウ化粧品