HOME > クラフト > 香るインテリア・モイストポプリの作り方

香るインテリア・モイストポプリの作り方

2016.10.14

今回は香りが楽しめて見ためも可愛い、モイストポプリの作り方をご紹介します。ドライポプリよりも香りが長持ちして、作り方も簡単です!

モイストポプリの作り方

材料

ジャー(今回は作り方がわかりやすいよう大きいサイズのものを使用)
お好みの生花…花びらを室内に3~6時間置いて生乾きの状態にします ※今回は香りがあって色が変わりにくい赤・ピンク・イエローの3種類のバラの生花を4輪ずつ使用。分量はジャーの大きさによって調節してください。
食塩…分量は使用するジャーの7~8分目くらい(今回は約600g使用)
お好みの精油…食塩200gに対して10滴(今回は30滴使用)

作り方

食塩に精油を入れて、よく混ぜます。食塩の分量が多い場合は精油を一度に入れず、少しずつ入れながら混ぜてくださいね。

ジャーに食塩を2㎝くらい入れ、その上に赤い花びらを3~4㎝入れます。

花びらの上に食塩を入れます。写真のように、花びらの中央に乗せるように入れていくのがコツです。

ある程度の食塩を入れたら、花びらが隠れてしまわないように菜箸などでビンの外側から見える位置に整えるとキレイに仕上がります。

食塩をさらに追加し、1.5~2㎝くらい入れて層を作りましょう。

同様にピンクの花びらと食塩を入れ、2層目を作ります。

さらに黄色の花びらと食塩を入れ、最後に表面の食塩を軽くスプーンなどで押しならしたら、出来上がりです。

花びらと食塩は3層くらいがキレイに見えるのでオススメ! ジャーのフタを閉めたままでも香りは立ちますが、香りを楽しんでリラックスしたい時はフタを開けてください。

お部屋のアクセントになって、プレゼントにも喜ばれそうなモイストポプリ。ぜひ作ってみてくださいね!

監修 中島有理子さん

ブランシュ代表
2000年10月にフラワーデザインを主とした、デザイン&空間プロデュース会社「ブランシュ」を設立。2001年4月よりニューヨークに活動の場を広げ、カーネギーホール、メトロポリタン美術館、プラザホテルなど多数の有名施設やトニー賞のパーティ、ウエディングなどに携わる。多数の企業と契約し、花を中心とした商品の開発、ガーデンデザインやコンサルティング、パーティプランニングなどを幅広く手がけている。

ブランシュ:http://blanche.jp/index.html

この記事をシェアする

関連記事

カネボウ化粧品