HOME > ビューティ > 元タカラジェンヌ娘役・白華れみさんのヘアアレンジ2

元タカラジェンヌ娘役・白華れみさんのヘアアレンジ2

2016.04.25

宝塚歌劇で娘役として活躍した白華れみさんがご紹介するヘアアレンジシリーズの2回目は、ちょっと技アリのアップスタイル。ちょっとしたお出かけやオフィスにも合う、エレガントなヘアアレンジです!

三つ編みで作るフェミニンアップ

ヘアアレンジの前に、髪全体をヘアアイロンで巻いてランダムなカールを作ります。

※アイロンの巻き方のコツは「元タカラジェンヌ娘役・白華れみさんのヘアアレンジ1」を参考にしてくださいね。

両サイドの髪を残し、後ろの髪の上半分くらいを取って結びます。

結び目に指を入れて隙間を作って毛束を上からくぐらせ、下に引っ張り出します。

後ろの髪を写真のように3つのパートに分け、仮結びをしておきます。

真ん中の毛束の仮結びを取り、ゆるく編み込みながら毛先まで三つ編みにして結びます。

両サイドの髪の仮結びを取って、三つ編みにします。

両サイドの三つ編みは、髪を指でつまんで少しずつ引っ張り出してください。こうするとカッチリし過ぎない、おしゃれなアップスタイルに仕上がるんです!

真ん中の三つ編みをクルクル巻いてお団子にし、アメリカピンで2~3カ所留めて固定します。毛先はお団子の中に隠してくださいね。

右サイドの三つ編みを真ん中のお団子に下から巻き付け、アメリカピンで留めます。

同様に左サイドの三つ編みを真ん中のお団子に下から巻き付け、アメリカピンで留めたら出来上がり! 両サイドの三つ編みの結び目をお団子の中に隠して留めるのが、上手に仕上げるポイントです。適度なカジュアル感を残したいので、毛先は出ていてもOK!

すっきりしていてフェミニンなアップスタイル。崩した三つ編みと毛先の遊びがラフなニュアンスを出しているので、フォーマルだけではなくカジュアルな服にも合っちゃいます!

次回の「元タカラジェンヌ娘役・白華れみさんのヘアアレンジ3」は、おしゃれでカジュアルなサイド結びの作り方を紹介してもらいます。

白華れみさん(女優、元宝塚歌劇団・星組娘役)

2003年に第89期生として宝塚歌劇団に入団。5度のヒロイン、2度のエトワールを務めるなど活躍した後、2012年8月に星組公演「ダンサセレナータ/Celebrity ―セレブリティ-」をもって退団。以後、「音楽劇 赤毛のアン」でアン役、ミュージカル座公演「タイムフライス」板岡ひとみ役などを務める。

白華れみオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/remis-style/

この記事をシェアする

「白華れみさんのヘアアレンジ」シリーズ

関連記事

カネボウ化粧品