HOME > フード・レシピ > インスタント味噌汁「みそまる」1 基本レシピ

インスタント味噌汁「みそまる」1 基本レシピ

2016.03.16

今回から2回にわたり、インスタント味噌汁「みそまる」の作り方をご紹介します。戦国時代の武将は味噌を丸めた「味噌玉」を持ち歩いて食していたそうですが、これを現代風にアレンジしたのが「みそまる」です。

バリエーションがとても豊富で、お椀に入れて熱湯を注ぐだけですぐに飲むことができるのが「みそまる」のいいところ。作り置きしておけば、お家でのご飯やオフィスでのランチに大活躍してくれます!

作り方は「みそまる」を考案した藤本智子さんに教えてもらいます。

基本の「和風みそまる」を作ります。

「みそまる」の作り方はとても簡単! 味噌にだしと具材を混ぜて丸めるだけなんです。味噌の種類はお好みでOK。だしはこれからご紹介する煮干しや鰹節などで作る天然だしがオススメですが、市販されている顆粒だしを使ってもOKです。市販の顆粒だしを使う場合は、塩分が少ないものを選んでください。具材に使う野菜などは、市販されている乾燥したものが便利ですよ。

味噌汁と言えば、やはり基本は和風です。まずは、1品作ってみましょう!

高野豆腐・わかめ・ねぎ・揚げの「みそまる」材料(10個分)

  • 乾燥高野豆腐…大さじ3(粗く刻みます。)
  • 乾燥わかめ…大さじ1(粗く刻みます。)
  • 乾燥ねぎ…大さじ2
  • 松山揚げ…7g (粗く砕きます。松山揚げは、愛媛県の特産品ですが、最近はインターネットや大手スーパーマーケットなどで購入できます。)
  • 味噌…180g (お好きなものでOKですが、白味噌がオススメです。)
  • だし(天然だし)…大さじ2+1/2(市販の顆粒だしを使う場合は小さじ1~2)

作り方

  • ボウルに味噌を入れ、だしを加えてよく混ぜます。

  • さらに、乾燥高野豆腐、乾燥わかめ、乾燥ねぎを加えてよく混ぜましょう。乾燥高野豆腐と乾燥わかめは、あらかじめキッチンバサミなどで1㎝くらいの大きさに粗く刻んでおいてくださいね。

  • さらに、粗く砕いた松山揚げを加えて混ぜ合わせます。松山揚げは粉々に砕けやすいので、最後に加えて混ぜるのがポイントです。

  • 全体を均一に混ぜ合わせたら、直径約3㎝のボール型に丸めましょう。

  • 「みそまる」が出来上がりました! 「みそまる」は1個で味噌汁1杯分です。

  • 保存はラップで包んで冷蔵庫へ!
    1個ずつラップで包んで、キュッとねじっておきます。

  • 「みそまる」は冷蔵庫で1週間、冷凍庫で1か月くらい保存できます。つぶれないように、密閉容器に入れておくのがオススメです。

和風「みそまる」・味噌と具材の組み合わせ

味噌も具材もお好みで選べる「みそまる」ですが、ここでは相性の良い味噌と具材の組み合わせを3つご紹介します。

がごめこんぶ・しそ・揚げ玉の「みそまる」材料(10個分)

  • 乾燥がごめこんぶ…大さじ2(粗く刻みます。)
  • しそ…5枚(細切りにして天日干ししておきます。)
  • 揚げ玉…大さじ2
  • 味噌…180g (お好きなものでOKですが、赤味噌がオススメです。)
  • だし(天然だし)…大さじ2+1/2(市販の顆粒だしを使う場合は小さじ1~2)

湯葉・大根菜・柚子の「みそまる」材料(10個分)

  • 乾燥湯葉…大さじ2(粗く刻みます。)
  • 乾燥大根菜…大さじ2(粗く刻みます。)
  • 乾燥柚子…小さじ2
  • 味噌…180g(お好きなものでOKですが、白味噌がオススメです。)
  • だし(天然だし)…大さじ2+1/2(市販の顆粒だしを使う場合は小さじ1~2)

切干大根・三つ葉・あられの「みそまる」材料(10個分)

  • 切干大根…10g(粗く刻みます。)
  • 乾燥三つ葉…大さじ2(粗く刻みます。)
  • あられせんべい…大さじ1(混ぜても、周りをコーティングしてもOKです。)
  • 味噌…180g(お好きなものでOKですが、赤味噌がオススメです。)
  • だし(天然だし)…大さじ2+1/2(市販の顆粒だしを使う場合は小さじ1~2)

天然だしを作ってみましょう。

市販の顆粒だしは便利ですが、手作りの天然だしを使えば「みそまる」がより美味しくでき上がります。

煮干しの頭と内臓を取り、中火で軽く炒ります。

炒った煮干しを粉末になるまでミルにかけます。1度にたくさん作る時は、数回に分けてミルにかけてください。これで手作りの天然だしの出来上がり。密閉容器に入れて冷暗所に置けば、1か月くらい保存できます。

煮干しの他に、軽く炒った鰹節や昆布もミルにかけるだけで粉末の天然だしを作ることができます。昆布を粉末にする時は、適当な大きさに切ってからミルに入れてください。天然だしは2、3種類をブレンドすると、相乗効果でとても美味しくなりますよ!

生野菜を乾燥させて具に使うこともできます。

生野菜を天日干しして乾燥させると「みそまる」の具に最適です。下の写真は大葉を細切りにして乾燥させたもの。この他に、長ねぎ、にんじん、大根、なす、ピーマンなどほとんどの野菜は乾燥させて使うことができます。

野菜を天日干しする時は、あらかじめ薄く小さく切っておいてください。また、水気の多い野菜を使う場合は、干す前にキッチンペーパーで水気を取っておきます。大きめのザルなどに野菜同士が重ならないように並べ、日当たりと風通しのいい場所で干すのがポイントです。天気にもよりますが、通常1~2日で完成します。

味噌には良質なタンパク質の他、ビタミン類やイソフラボンなど健康と美容をサポートしてくれる成分が含まれています。作り方が簡単で保存もできる「みそまる」を、ぜひ活用してくださいね。

監修 藤本智子さん

みそまる普及委員会代表
2011年にミソガールとして「365日味噌活宣言」をし、味噌の普及啓蒙活動を開始。翌年「みそソムリエ」を取得し、2014年に「ジャパン味噌プレス」を創刊、2015年に「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」に就任するほか、各地でイベントや講習会を行うなど活動を広げている。

関連リンク:http://misomaru.com

著書にバリエーション豊かなレシピがたくさん紹介されている。上・「みそまる」(二見書房)、下・「みそまる」(宝島社)

この記事をシェアする

「みそまる」シリーズ

関連記事

カネボウ化粧品