HOME > フード・レシピ > 夜遅くに食べても安心!お夜食スープレシピ1

夜遅くに食べても安心!お夜食スープレシピ1

2016.03.07

残業などで夜遅く帰宅して寝るまであまり時間がない時、しっかりした食事はしたくないけれど、お腹はすいていることってありますよね。

そんな時は、低カロリーで栄養を摂れる軽食で済ませたいもの。今回から2回にわたり、夜遅くに食べても安心で美味しいお夜食スープの作り方をローフードマイスターの志村双葉さんに教えてもらいます。

鶏肉と野菜の玄米スープ

材料(2~3人分)

  • 鶏胸肉(皮付き)…350~500g(よく洗って皮ごと使います。)
  • 小松菜…1/2束(食べやすい大きさに切ります。)
  • 人参…1本(食べやすい大きさに切ります。)
  • 長ネギ…1本(白い部分を薄めの斜め切りにし、緑色の部分は取っておきます。)
  • 玄米(レトルト)…1パック
  • 生姜…1かけ(すりおろします。)
  • 塩…適量
  • 胡椒…適量
  • 胡麻油…適量
  • 水…1ℓ

作り方

  • 1ℓの水を鍋に入れ、鶏肉と食べやすい大きさに切った人参、長ネギの緑色の部分を煮ます。最初は強火で煮立てて、沸騰したら火加減を弱火にしてください。長ネギの緑色の部分を一緒に煮ると、鶏肉の臭みを消すことができます。灰汁が出たら取り除き、十分に煮出して鶏肉のスープを作ってください。

  • 鶏肉にしっかり火が通ったら鍋から取り出し、食べやすい大きさに切って鍋に戻します。この時、長ネギの緑色の部分も一緒に取り出しますが、鍋に戻さなくてOKです。

  • 食べやすい大きさに切った小松菜と薄めの斜め切りにした長ネギの白い部分を鍋に入れます。最後にレトルトの玄米をほぐしながら鍋に入れたら、火加減を中火にして10~15分、玄米に火が通るまで煮ましょう。

  • 火を止めたら胡椒(お好みの量)と擦りおろした生姜を加えます。

  • 塩と胡麻油で味を調えたら出来上がりです!

玄米の雑炊仕立てなので、少量でも満足感の高いスープです。お好みで他の根菜を加えてもいいですし、薬味に擦り胡麻を加えても美味しくいただけますよ。

監修 志村双葉さん(ローフードマイスター)

Futaba’s Kitchen主宰。広告代理店で長年化粧品ブランドの企画開発に関わり、本当の美は健康からと気づいてローフードに出合う。2000年にローフードマイスター1級を取得し、ローフードサロン Futaba’s Kitchenを設立。「簡単・美味しい・キレイ」なハーフロー(1日に食べる物の半分を生の食品にする)を提案し、ローフードと発酵食品をテーマにしたワークショップを開講する他、クッキングレッスンやイベントなどを行っている。

関連リンク:http://www.futabas-kitchen-rawfood.com/

新著は植物性素材だけで火を使わずに作るヘルシーなお菓子レシピが満載。「Beauty Raw Sweets やせるお菓子」(永岡書店)

この記事をシェアする

「お夜食スープレシピ」シリーズ

関連記事

カネボウ化粧品