HOME > ファッション > ランジェリー講座4 下着の洗濯&収納法

ランジェリー講座4 下着の洗濯&収納法

2015.06.29

レースやゴムなどデリケートな素材で作られたランジェリーは、正しい洗濯や収納の仕方を覚えて長持ちさせたいもの。ランジェリー講座の最終回は、ブラやショーツの上手な扱い方をランジェリースタイリストの浅井明子さんに教えてもらいます。

下着の洗濯&収納法

ブラとショーツの洗い方

まずは素材表示をチェック。洗剤は下着専用のものや、おしゃれ着用のものを使います。桶はブラを平置きできる四角いタイプがオススメ。これに30~40℃のぬるま湯を入れて洗剤を溶かし、ブラを並べて数分間つけ置きます。さらに、肌に触れるカップ内を優しく押し洗いしてストラップとアンダーベルトを軽くもみ洗い。その後にワイヤーを曲げないように軽く絞り、ぬるま湯を入れ替えてすすぎます。この方法で、ブラの洗濯は3日分まとめて行えばOKです!

ショーツの洗濯は、つけたその日のうちに毎日行って。汚れがつきやすいので、手早く洗って早く乾かすのがきれいに長持ちさせる秘訣です。ブラと同様に洗面器などでつけ置き洗いし、クロッチや腰回りなどの汚れが気になる場合は軽くもみ洗いしてからすすぎます。

ブラの干し方はこうして!

洗濯機で1~2分間軽く脱水した後、形を整えて干します。全体が乾きやすいようにアンダーベルトをピンチでつまみ、逆さになるように吊るして。アンダーベルトやストラップはゴムやストレッチ素材でできているため、ピンチでつまむと傷んだり伸びたりするので避けましょう。

ブラは収納法も長持ちの秘訣!

同じタイプのブラを左右のカップが重なるようにして収納します。ストラップは2~5枚のブラを重ねて1組にまとめてもいいし、1枚ずつ中へ折りこんでもOK。ブラを1枚ずつ2つ折りにするのはカップの形が崩れてしまうのでやめましょう。

ショーツは捨て方に気を配って

ショーツをそのままゴミに出すのは心配ですね。クロッチ部分(B)を切り取って、本体(A)と別の日に出すと安心です。それぞれ、外から見えない袋などに入れてからゴミ袋に入れるようにしましょう。

ブラやショーツはゴムやストレッチ素材が伸びてきたら寿命です。半年から1年に1度のサイクルで買い替えるのが理想的。季節やファッションに合わせて、さまざまなタイプを持っていると気分も上がります。

ブラで“育乳”する方法

4回に渡ってお届けしてきたランジェリー講座。最後に、浅井明子さんがブラで“育乳”する方法をご紹介します!

ブラをつけたらワイヤーを外からつまんでカップを横に引っ張り、少しカップを浮かせます。その状態のまま上から手を差し込んで背中の肉とバストを反対側の目に向かって斜め上に寄せ上げ、カップの中に収めて。

これは朝の着用時だけでなく、日中も化粧室などで繰り返しやってみましょう。ランジェリーはボディラインを整えるために重要な役割を果たしてくれるもの。つけっぱなしにしないで、上手なつき合い方をすると美しいボディづくりの味方をしてくれますよ!

監修 浅井明子さん

ランジェリースタイリスト。
鐘紡(株)で下着専門店の営業、インポートランジェリー専門店「リュー・ドゥ・リュー」で広報として勤務し、'99年にフリーランスのランジェリースタイリストとして独立。数少ないエキスパートとして、多くの女性誌で下着ページの企画や監修を行っている。著書に「たのしい下着 もっと自由に選ぶ下着のレッスン」(技術評論社)がある。

浅井明子オフィシャルホームページ
http://lingeriestyles44.jp/

この記事をシェアする

「ランジェリー講座」シリーズ

関連記事

カネボウ化粧品