HOME > ライフスタイル > アロマオイルを使って安心&快適!いい香りの大掃除

アロマオイルを使って安心&快適!いい香りの大掃除

2014.12.25

今年もあと少しで終わり。普段はなかなかできない床の拭き掃除やキッチンの大掃除にアロマオイルを使って、いい香りの新年を迎えませんか?

植物から抽出されたアロマオイルは香りがいいだけではなく、殺菌や消臭など家をキレイにする効果があると言われています。誰でも手軽にできるアロマオイルを使った掃除法を、美容コンサルタントの副島純子さんに聞きました。

床みがき

いつものように掃除機をかけた後、床を水拭きするとさらに快適に。アロマオイルを使って水拭きをすると部屋中にスッキリとした香りが広がります。やり方は簡単!

バケツの水にアロマオイルを5~10滴、落として混ぜます。ここで使うおすすめのアロマオイルは…?

●ティートゥリー…気持ちをリフレッシュさせてくれるスッキリとした香り。一般的に抗菌・抗ウイルス作用があると言われています。
●ペパーミント…清涼感のある爽やかな香り。一般的に殺菌作用があると言われています。

アロマオイルはどちらか1種類でOKです。

< アロマオイル使用上の注意 >
※原液のまま肌に触れないようにしてください。特に、目や傷口、粘膜付近に触れないようご注意ください。
※妊娠中は軽い芳香浴程度の使用に留めてください。
※その他、製品に記載された使用上の注意をよくお読みの上ご使用ください。

アロマオイルを混ぜた水に雑巾をつけて、硬く絞ります。

あとは拭くだけ! 雑巾を使わず、モップでも応用できます。アロマオイルの濃度がごく低いので、後から乾拭きをしなくても大丈夫。この方法は床だけでなく、壁や家具など家中の拭き掃除におすすめです。部屋の空気がスッキリ爽やかになって、殺菌作用でお部屋を清潔に保つために効果的。お正月にお客様を迎えても、こんな部屋なら気分よく過ごしてもらえそうですね。

キッチン掃除

化学洗剤を使うのが一般的ですが、ここではアロマオイルを使ったクレンザーの作り方を紹介しましょう。

用意するものは、この2つ。

●重曹…炭酸水素ナトリウムの白い粉で、ふくらし粉として料理にも使われます。弱酸性で肌への刺激が少なく、脱臭作用もあります。薬局やスーパーマーケットで買えますよ。
●アロマオイル/オレンジ・スウィート…リフレッシュ効果とリラックス効果がある爽やかな香り。一般的に緊張やストレスを緩和すると言われています。含まれているリモネンという成分は汚れを落としやすくする作用も。

< アロマオイル使用上の注意 >
※柑橘系のアロマオイル(オレンジ、レモン、グレープフルーツなど)は肌についたまま日光に当たるとシミなどのトラブルを起こす原因になります。希釈液を使用した後の肌は洗い流し、6時間程度は日光に当たるのを避けてください。

重曹100gにオレンジ・スウィートのアロマオイルを20滴、加えます。

スプーンなどでよく混ぜたら出来上がり!

市販されているクレンザーの代わりに使えます。シンクや食器はもちろん、油汚れや焦げ付きの気になるフライパンの汚れも落とせますよ!

さらに、排水溝の掃除もこのクレンザーでできるんです。

まず、排水溝の周囲にアロマオイルクレンザーを振りかけます。そこへ、水で2倍に薄めた酢をかけると…重曹と酢が反応して、ブクブクと発泡。このまま30分おいて、水で流せば完了です。汚れとともに嫌なニオイも一掃できて、爽やかな香りが優しく漂います。

部屋とキッチンの汚れを落として、いい香り。面倒な大掃除も、これなら楽しみながらできそうですね! お掃除の時は、換気をすることもお忘れなく。

監修 副島純子さん

美容コンサルタント、ハーブメディック代表取締役。テレビ・ラジオのリポーターを経て、エステティックサロンを主宰。現在はサロンを運営するほか、化粧品会社や美容クリニックのコンサルティング、PR、製品開発など幅広く活動中。

この記事をシェアする

関連記事

カネボウ化粧品